眠れない原因はあなた自身にあるかもしれません – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 睡眠の悩み

不眠の原因はもしかしたら、あなた自身かもしれません

眠れないことを気にしすぎるとますます眠れなくなります。
「眠らなくては」とあまり考えない、緊張が眠りを妨げています。
一時的に不眠になることは誰にだってあります。

その原因が無くなれば、眠られるようになるので、あまり心配しないこと。
それでは、どうして眠られないのか考えて下さい。
何か心配事や悩みがあって眠られないのでしょうか?

近所の騒音がうるさくて眠れないのでしょうか?
引っ越ししたので環境が変化して眠れないのでしょうか?
どこか体が痛むとか、かゆみが強いところがあって眠れないのでしょうか?

精神的ストレス、身体的ストレス、環境の変化が
原因で一時的に不眠となることはあります。このような不眠は、
その原因を取り除かれれば、大部分の人が眠るようになります。

しかし、眠れないことを気にしすぎるとますます眠れないという事態を
招きかねません。
「今夜眠れないかもしれない」「今夜こそ、どうしてもしっかり眠らなくては」

そんな風に考えれば考えるほど、あなたの脳が緊張してしまい、
ますます不眠状態へと入っていきます。「眠ろう」とする気持ち、
「眠らなくては」という精神的な緊張が覚醒を高め、不眠を招いていきます。

眠らせていない原因はもしかしたら、あなた自身かもしれませんね。
少々の不眠なら気にしないのが一番です。
体は眠るように出来ていますから、それを妨げさえなくなれば大丈夫!

妨げているのがあなたではありませんか、考えましょう。
それでも、どうしても眠れない、日中の眠気が強く襲われ、非常に辛い、
仕事が出来ない状態ということであれば、迷わないで病院で治療を受けて下さい。

「日常生活が辛い」と自覚したときが病院での受診のタイミングです。
受診するのは、睡眠障害の治療を専門とする医療機関、精神科、心療内科がよいです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。