24時間活動する現代社会が作り出す睡眠障害 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 睡眠の悩み

交代夜勤者のリズム障害

24時間眠らずにいろいろサービスを提供されている現代社会。
そこで働く人々の睡眠が問題になります。
日勤、夕勤、夜勤ローテンションでこなす人は、勤務時間が日々変わる

職場で働いている人。
体内リズムと睡眠リズムがバラバラになり、夜間の勤務中は眠くて堪らないのに、
夜勤明けに帰宅しても眠れないという人が少なくありません。

リズムの変化に対応できなくて、不眠や体内時計の変調による
胃腸障害が現れやすく、不安症状やうつ症状が出ることもあり悩んでいます。
本来眠りにくい、時間帯に眠ろうとするためです。

一般的に人は深部体温(体奥の体温)が下がってくる時間に眠るのですが、
深夜勤務の人は、体温が上がってくる時期に夜勤明けで眠りにつこうとするからです。
交代夜勤者のリズム障害を出来るだけ少なくする対策は、

日勤、夕勤、夜勤の順番で勤務時間を遅らせ、夜勤の後休日にすることです。
人の体内時計は約25時間の周期ですから、後ろへずらすほうが楽です。
夜勤中に仮眠を取ると、疲労を減退することができます。

仕事前にもしくは夜勤後半体温がもっとも低くなる時間帯に短時間の
仮眠を取ることが効果的です。
夜勤明けで朝帰宅するときは出来るだけ陽に当たらないようにしましょう。

サングラスを着用しましょう。
夜勤明けの昼間の睡眠は質の良い睡眠を取ることが難しいので、
仮眠程度にとどめ、夜間に十分の睡眠を取るようにしたほうが良いでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。