不規則に寝たり起きたりを繰り返す – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 睡眠の悩み

不規則型睡眠覚醒パターン

認知症のお年寄りに多い「不規則型睡眠覚醒パターン」。
昼夜を問わず不規則に睡眠と覚醒を繰り返します。
良い対策として、太陽の光で体内時計リズムをつけさせるために、

日中は日当たりのいい部屋に移すなど工夫をしましょう。
また、戸外での適度な運動をさせることもいい刺激に、
生活にメリハリをつけることが大切。

時差ぼけも睡眠障害

海外旅行をすると経験するのが「時差ぼけ」。
時差ぼけは5時間以上の時差がある地域に飛行機で移動したとき、
体内時計リズムと現地の時間がずれるために起きるもので、

体内時計が時計の「時」に合っていないことを教えてくれます。
外的要因による概日リズム睡眠障害といえます。
一般的に、東向きに移動するときのほうが西向きの移動のときより

時差ぼけが起こりやすいとされています。
時差ぼけを軽減するためには、出来るだけ早く現地時間に体を合わせること。
そのために、出発前に空港に着いたら現地時間に時計を合わせ、

それに合わせて行動をするようにしましょう。
ひと足先に時計を行く先の場所の時刻に合わせて置きましょう。
現地が夜だとすれば、飛行機の中で眠るようにしましょう。

到着したら疲れていても、ゆっくり眠ったりしないで、太陽の光を
しっかり浴びて体内時計をリセットします。
2~3日の短時間の場合は、日本時間のままで過ごしたほうが帰国後の

時差ぼけが軽くてすみます。
日本時間が夜なら、出掛けるときはサングラスをかけ、できるだけ
戸外の光を浴びないようにします。

現地時間に合わせて行動しなければならないとき、
眠れない場合に備えて事前に睡眠薬を処方してもらうのも法方法。
短時間作用型の睡眠薬なら目覚めたときまで残ることはありません。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。