眠れないというストレスが糖尿病の悪化のもとに! – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 睡眠の悩み

眠れないというストレスが糖尿病の悪化の元

糖尿病になるとよく眠れなくなるのは、喉が渇き、夜間頻尿という
症状によって多くの糖尿病患者さんは悩んでいます。
不眠と生活習慣病が関係すると不思議な感じがするかもしれません?

しかし、生活習慣病の患者さんで不眠に悩んでいる人は少なくありません。
生活習慣病の中でも糖尿病と高血圧は不眠と深い関係があります。
糖尿病の治療に、不眠治療が組み込まれていない場合、眠れなければ必ず

相談して不眠治療を受けることをおすすめします。
糖尿病のある人はない人に比べて、2倍以上不眠に悩んでいます。
糖尿病があると、「喉の渇き」や「夜間頻尿」といった症状が出ます。

その他合併症による「痛みやしびれ」、「発汗異常」「胃腸障害」などで、
寝付きにくくなったり、目覚めやすくなったりします。
また、「血糖降下剤」や「インスリン」を使用している人は、

低血糖への不安から不眠に陥ることもあります。
一方で、眠れないということはそれ自体がストレスです。
そのため、「コルチゾール」などのストレスホルモンが多く分泌されたり、

神経を興奮させるホルモン「ノルアドレナリン」が多く分泌されます。
不眠は糖尿病の悪化に繋がります。
また、睡眠障害があると糖尿病になりやすくなるといわれています。

糖尿病の方は、不眠と糖尿病の治療を療法受けることをおすすめします。
糖尿病は生活をきちんとコントロールすることが大切です。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。