足がピクンピクンして眠れない! – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 睡眠の悩み

むずむず脚症候群の人不眠に悩む

周期性四肢運動障害という病気。
足がピクンピクンと動いてしまうので、眠りが浅くなります。
足が動くと脳が覚醒する。これが眠りを妨げる原因です。

むずむず脚症候群の人の50~80%に合併するのが周期性四肢運動障害です。
睡眠中に足がピクンピクンとけるような動きを、だいたい3秒~1分の
周期で繰り返します。

そのためには眠りが浅くなり、中途覚醒しやすくなります。
むずむず脚症候群と合併した場合は、寝付きが悪い、眠りが浅い、
途中で目覚める、再入眠しにくいなど、強い不眠になります。

周期性四肢運動障害だけが起こる場合は、多くの場合本人は気づいていません。
足が動くと脳は目覚めやすいので、眠りが妨げられます。
熟睡できないので、、疲労感の強い眠気に悩まされる人もかなりいます。

むずむず脚症候群も周期性四肢運動障害もドーパミンという
脳の神経伝達物質の機能が低下していることが関係があるといわれています。
夕方以降、コーヒー、日本茶、紅茶などカフェインを含んでいる飲み物や、

アルコール、タバコなどを控えて下さい。
これらが症状を起こしやすくします。
治療には、ドーパミンの働きを改善する「パーキンソン病の治療薬」を

少量用いられます。
十分な効果が得られない場合は「抗てんかん薬」を用いることもあります。
鉄分不足が原因と考えられる場合は「鉄剤」を用います。

薬の服用で9割以上の症状が改善します。
このような症状で悩んでいる方は、専門医の治療を受けることをおすすめします。

むずむず脚症候群を改善する!むずむず脚症候群改善プログラム「No! Stress Legs」

パートナーの不眠の原因にもなるため改善しませんか?
↓ ↓ ↓
むずむず脚症候群を改善する!むずむず脚症候群改善プログラム「No! Stress Legs」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。