早く寝てもなかなか眠られない – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 疲れを癒やす

眠りのリズムが乱れる

睡眠不足のときは、早く寝るに限ると思っているかもしれませんが、
かえって不眠を招くことに。
早く寝たからといって早く眠れるとは限りません。

むしろ、通常入眠する時刻の2~3時間前は、もっとも眠りにくい時間帯。
布団に入ったものの眠れなくて悶々してしまったりします。
必要以上に長く寝床に入っているとかえって、睡眠は浅くなり、

夜中に目覚めやすくなります。
早く寝ようと思う日は、逆に朝早く起きて活動することをおすすめします。
そうすれば自然に夜は眠くなります。

前日の寝不足と疲労の適度な蓄積が、快眠を誘います。
休日の前日はどうしても寝るのが遅くなって、休日はお昼過ぎまで
寝ているということになりがちです。

これでは、夜寝付きにくく休み明けの朝が辛くなり、眠りのリズムが乱れます。
日ごろの睡眠不足を解消するとしても、
休日の朝はいつもより2時間以上は寝坊しないようにしましょう。

早起きすると、早く眠れるのは、
眠りのタイムスイッチは朝起きたときに入ります。
早起きするほど、タイムスイッチは早くなり、夜眠くなります。

休日の朝の目覚めが、翌日からの仕事の意欲に繋がります!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。