よく眠るためのお風呂の温度 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 疲れを癒やす

シャワーよりお風呂で体を温める

体温の上下にメリハリをつけましょう。
疲れた1日の最後にお風呂に浸かるというのは、日本人にとって
一番のリラックスタイムです。

思わず、「極楽、極楽」などと言うセリフも飛び出します。
入浴が寝付きを良くするのは、体温のリズムと関連があります。
体温が下がるときに眠りにつきやすくなることを述べたとおりです。

入浴すると、体が温まり寝言につく頃には深部体温が下がってきます。
この温度差、体温のメリハリが眠りを誘いやすくします。
それにはあまり熱いお湯に浸かってしまうと、体温が上がりすぎて、

下がるのに時間がかかってしまいます。
床に入る1~2時間前に、39度前後のぬるめのお風呂にゆっくり入りましょう。
そうすると、リラックス効果と共に床に入る頃には体温が下がってきて

眠りやすくなります。入浴すると、血液の循環もよくなります。
一般的に、夜眠るに陥る時期には、かなり大量の汗をかきます。
これは体の奥にある熱を体の表面から放散させるためです。

体の深部の熱を体表に運ぶ役割をしているのが血液です。
末梢の血流がよくなることは、放熱が促進されることですから、
血液循環がよくなることは、入眠後体温を下げ眠りやすくする意味でも役立つのです。

若人の中にはシャワーで済ませる人も多いようですが、
良い眠りを得るためには、ぬるめの半身浴をおすすめします。
シャワーよりお風呂で体を温めることが大切です。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。