腰痛は二足歩行の宿命!予防と注意点 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康生活のキーポイント

骨粗鬆症

腰痛はほとんどすべての人が経験する自覚症状のある症状のひとつです。
腰痛の原因は、二足歩行により腰に負担がかかっていることが第一です。
これに、加齢やストレス、職業や生活習慣などが複雑に関って

さまざまな痛みという自覚症状が出ます。

腰痛の種類

腰痛は、二足歩行から来る基本原因を除くと、
①「原因が特定できない腰痛」と②「特定できる腰痛」の
二つに区分されています。

①は腰痛患者の約85%、②は約15%を占めています。
ちなみに「腰痛」は病名ではありません。
①の「原因が特定できない腰痛」は、背景に「二足歩行」

があることに加えて、強いストレスや長時間の正しくない姿勢、
バランスの悪い食事などを原因としています。
慢性化する前に、原因を是正することで腰痛から解放されます。

人間は「メンタルな生物」といわれるいわれです。
②の病名には、「椎間板ヘルニア」、「腰部脊柱管狭窄症」、
「骨粗鬆症」があります。

「椎間板ヘルニア」は、背骨を繋ぐ椎間板の組織が加齢などを
原因として変成・断裂した状態であり、脊髄神経が圧迫されることにより
痛みが自覚されます。

悪い姿勢での長時間作業のほか喫煙も罹患の原因となっています。
坐骨神経痛も椎間板ヘルニアの一つです。
「腰部脊柱管狭窄症」は、加齢などを原因として脊柱管が狭くなり、

脊髄神経が圧迫されるというものです。
歩くと痛みが自覚されますが、少し休むとまた歩けるという特徴があります。
「骨粗鬆症」は、加齢を主な原因として「骨密度」が減少し骨折しやすい
状態の病気です。

圧迫骨折すると背中に慢性的な痛みが生じます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。