腰痛の予防 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康生活のキーポイント

腰痛の予防

腰痛には「加齢」が大きく原因していることが分かります。
二足歩行の人間には、腰痛は避けることが出来なのでしょうか?
腰痛の症状があると、行動の「質と量」が激減します。

すると、今まで保持されていた筋肉が減少するため、
より腰痛が起きやすくなります。
悪循環の繰り返しになるのです。

腰痛を自覚したら、安静にするよりも逆に、無理のない程度に
身体を動かすことをおすすめします。
散歩や水中ウォーキング、ストレッチ体操、入浴などがよいでしょう。

腰痛の自覚のない若世代へは、「腰痛は二足歩行の宿命」であることを
意識した、散歩や足腰の筋肉トレーニング、水中ウォーキングがよいです。

腰痛の注意点

腰痛を自覚した場合、注意したいのは「激痛」の腰痛です。
出来る限り早めに医師の診断を仰ぎましょう。
また、腰痛と同時に痺れがある場合も同様です。

いずれも「原因が特定できる腰痛」の可能性が高いからです。
一般に「ぎっくり腰」といわれる腰痛の場合も即、病院へ行ってください。
「ぎっくり腰」は、無理な姿勢や重いものを持ち上げたりすることで

発生するのではなく、ちょっとした動作の隙間を疲れて発生する例が多いようです。
ちなみに「ぎっくり腰」は激痛があり、治療には患部を冷やすという方法があります。
いわば筋肉内部が「ねんざ」した状態といえるでしょう。

一方「原因が特定できない腰痛」の場合は、腰をかばうのではなく、
積極的に動き、軽い運動などで失われた筋肉を取り戻すことです。
メタボリックシンドロームと同様、「バランスの良い食事・適切な運動」が

腰痛予防にもなっています。
痛みを取るために、安易な治療に走ることなく放って置いたりすると、
悪い姿勢が慢性化して筋肉が偏り固まると骨までもズレ側わん症を

引き起こし、背骨のS字湾曲が歪みこれが長期化すると大変なことになります。
一時の痛みを取るだけの民間療法に頼ることは、腰痛の原因を知らないで
いるからで、そうした治療でますます筋肉を間違った方向へ走らせます。

面倒がらずに、病院に行き原因を知ることから腰痛の改善や予防をしましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。