お酒と睡眠薬を一緒に飲むと危険です! – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 疲れを癒やす

睡眠薬は寝酒より安全

お酒に頼るのは間違っています。
お酒を飲むと眠くなる人は多いようで、お酒には催眠作用があります。
しかし、飲んでから数時間すると、逆に睡眠を浅くする作用があるため、

明け方早く目が覚め、それから先、眠れないという早朝覚醒を
起こしやすいという特徴があります。
眠る前にちょっと飲むと寝付きがいいからと、寝酒を飲んでいると、

徐々に酒量が増えていくと依存症の危険性もあるので忘れないで下さい。
そうです。お酒を飲まないで眠れないという状態になると、
アルコール依存症となり、肝臓を傷める可能性まで出ます。

睡眠薬より安全だと思い込んでいる人もいるようですが、
睡眠薬の方がより安全です。
いけないことは、睡眠薬と一緒にお酒を飲むことです。

お互いの作用を強め合ってしまうことになるからです。
睡眠薬の副作用(ふらつきなど)もより強く出やすくなり、
記憶障害(健忘)を起こすこともあるので、絶対にやってはいけない行為です。

お酒を飲むと眠くはなりますが、飲んで数時間過ぎると眠りが浅くなって、
翌日朝早く目を覚ますという経験があるはずです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。