睡眠薬を止めるときは担当医に相談しましょう! – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 疲れを癒やす

睡眠薬は就寝時間の30~40分前に服用

睡眠薬を飲んだら直ぐ眠くなれるようになると考えるかもしれませんが、
慢性化している場合には1~4ヶ月かかります。
また、睡眠薬を飲んだり飲まなかったりすると、不眠はなかなか解消されません。

睡眠薬なしで眠れる自身が付くまでは、毎日決められた量と時間帯を
守り飲むことが大切です。
早く眠りたいという考えから、普段よりあまり早く服用しても

眠ることは出来ません。普段の就寝時間の
2~3時間前は最も眠気がしくないときで、睡眠薬も効きにくいのです。
薬が効いてくるまで時間がかかります。

いつもの就寝時間の30~40分前に服用しましょう。
不眠が慢性になっている場合、睡眠薬が直ぐに効いてくるとはいえないので、
飲んだり飲まなかったりしていると、余計効果が現れない可能性がありますから、

睡眠薬を使いこなし、不眠を解消しましょう!
睡眠薬を飲んだ後は、ふらつくこともあります。
飲んだ後に家事をしたり、お風呂に入ったりしてはいけません。

寝床に即入って下さい。
睡眠薬は長期間飲んでもほぼ安全ですが、「ねむれるだろうか」という
不安感や「眠れないかもしれない」という恐怖感、

「眠らなければ」というストレスがなくなって、睡眠薬なしでも
眠れる自信が付いてきたら、担当医師と相談して少しずつ量を減らし
睡眠薬から離れていくことをおすすめします。

自己判断で量を減らすこと、急に中止することは絶対にしてはいけません。
「反跳はんちょう(跳ね返り)」といって不眠が強くなることがあります。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。