お腹がすいている状態のタンパク質摂取は要注意! – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康を作るタンパク質

アミノ酸サプリメントが必要な人

タンパク質は分解する酵素(消化酵素)が体内に十分に備わっているため、
動物性、植物性であっても、基本的には消化管でアミノ酸が分解され、
小腸から吸収されます。

栄養バランスさえしっかり気を使っているのなら何を食べても構いませんが、
お腹がすいているときに、タンパク質の摂取には注意しなければなりません。

タンパク質は窒素を多く含んでいます。
飢餓状態のときに過剰に摂ると代謝の過程でアンモニアがたくさん出てきます。
ご存知のように、アンモニアは非常に毒性が強いため、
肝臓で尿素に変えられ(=オルニチン回路という)、これが腎臓でろ過される

ことで尿として排泄されるが、あまりにもたくさん摂り過ぎると
肝臓や腎臓に負荷がかかって、高尿酸値血症、痛風などの原因になります。

断食のときがそうであるように、長期間食事が出来なかった場合、
まず消化のいいおもゆ、おかゆなどからすすって、体力をつけてから、
肉類を食べるのがタンパク質摂取の基本ですから。

こうした食べ方の知恵は伝統的に行われてきたことですが、
タンパク質の性質や代謝のプロセスを裏づけされたことです。

アミノ酸サプリメントが必要な人!

アミノ酸に関心がある人の中に筋肉をつけることに興味がある人が少なくありません。
タンパク質は筋肉を構成する成分としても重要です。

フィットネスジムで鍛えている人は、
「サプリメントなどでアミノ酸を直接摂取するほうが効率がよく、
スムーズに筋肉が増やせる」と考えています。

食べ物からタンパク質を摂取するよりもアミノ酸を摂取したほうが体内に
早く取り込まれることは分かっています。
その中で取り込まれるスピードが一番早いのが、ブドウ糖で次が、

「分岐鎖アミノ酸」と呼ばれるアミノ酸の仲間です。
バリン、ロイシン、イソロイシンを指し、
分岐鎖アミノ酸(branchedchain amino acids)の頭文字を取り「BCAA」と
呼ばれています。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。