アミノ酸クレアチンやグルタミンの働き! – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康を作るタンパク質

アミノ酸クレアチンやグルタミンの働き

BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)以外にも、
筋肉をつけるアミノ酸はいくつかあります。
クレアチンやグルタミンもアミノ酸サプリメントに配合されています。

クレアチンはタンパク質の材料となる20種類のアミノ酸には含まれませんが、
筋肉中にエネルギー源として貯蔵されているため、瞬発力を要する
「ここ一番」のときに用いられます。

体内ではアルギニンとグリシンを原料に合成されます。
エネルギーを生み出すにはクレアチンを直接摂ったほうが効率的で、
クレアチンのサプリメントがBCAAに並んで人気なのはそのためでしょう。

また、グルタミンも体内でタンパク質が分解されるのを抑えて、
筋力の維持に大事な役割を果たしています。

筋組織に含まれる割合がとても多いこともあるため、運動時の補給には欠かせません。
肉類などのタンパク質を消化管で分解するより、アミノ酸を直接摂取したほうが
スムーズなので、スポーツを行うときのサプリメントの活用にも意味はあります。

スポーツで体を作る場合、昔はステーキを食べて精をつけるといった
イメージが主流でしたが、スポーツ栄養学などのいろいろな分野の研究が進み、
それは合理的とはいえません。

一昔前は、トレーニング中の水分補給に禁止されていましたが、
今ではこまめに水分を摂取するように奨励され、うさぎ跳びも膝への
負担があるため禁止され、「巨人の星」などのスポーツマンガの世界だけの
トレーニングとなっています。

例えば、マラソンなどではグリコーゲンローディング(カーボローディング)といって、
1週間ほど前に激しい運動(トレーニング)をして体の中のグリコーゲンを無くし、
そこから先はタンパク質を少なめ、炭水化物を多めに摂るような、じわじわと
筋肉にグリコーゲンを入れていくという方法です。

レース前に肉をたくさん食べるようなやり方では精がつかないばかりか、
マラソンレースの途中で足が動かず倒れたりすることになります。

市民ランナーの皆さんも、こうしたアミノ酸を効果的な栄養補給をしっかり
認識して、自己ベストを目指して下さい。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。