栄養ドリンクの効果はどこまで・・・ – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康を作るタンパク質

画像の説明

BCAAやクレアチン、グルタミンは激しい運動をする人にとって必要な
成分で、アミノ酸が配合されたサプリメントの活用も意味がありますが、
栄養ドリンクに含まれるタウリン、アスパラギン酸、アルギニンなどの
アミノ酸成分をサプリメントで摂取類観はどうでしょう?

タウリンは、カキ、いわし、イカ、タコなどの魚介類に多く含まれる
アミノ酸の類似物です。
ヒトの場合、筋肉や胆のうの中に存在しています。
特に筋肉には体全体の70%ものタウリンが含まれています。

タウリンは、筋肉の収縮が関っているほかには、脂質の燃焼、神経伝達などのも
欠かせないと、いわれています。

アスパラギン酸は、マグネシウムやカリウムに結びついて細胞内に吸収されます。
体内の窒素代謝やエネルギー代謝に関与していることから、
「疲労回復を助ける」「抵抗力を高める」といわれています。

アスパラギンはアスパラギン酸から作られ、代謝されるとアスパラギン酸と
アンモニアになります。

栄養ドリンクに含まれるのはアスパラギン酸のほうですが、
エネルギー代謝に深く関っています。
アルギニンについて、脂質の代謝や成長ホルモンの分泌を促す、
免疫機能の向上と体内のさまざまな働きに関与しています。

栄養ドリンクは、こうした代謝のアップに関与しています。

神経伝達物質
末梢神経の遠心性神経が作るシナプスにおいては、神経を通してアセチルコリンと
ノルアドレナリンがあります。
アセチルコリンは、運動神経末端と自律神経節前線維末端、副交感神経節後線維末端
からの伝達物質があり、ノルアドレナリンは交感神経節後線維末端の伝達物質です。
運動神経末端部の神経筋接合部で、アセチルコリンは興奮性に作用します。
交感神経と副交感神経節後線維末端部で、アセチルコリンとノルアドレナリンは
それぞれ効果器にある受容体の種類によって、興奮性にも抑制性にも作用します。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。