体内で合成できるアミノ酸(非必須アミノ酸) – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康を作るタンパク質

栄養ドリンク

普通に食事をしていれば十分に補うことの出来る成分です。
わざわざ栄養ドリンクで摂るようなものではありません。
かりに摂っても摂り過ぎた分は排泄されるだけです。

また、カラダの材料にならない遊離アミノ酸の一つになりますが、
オルニチンも栄養ドリンクやサプリメントによく利用されます。

このオルニチンは、オルニチン回路、尿(アンモニア)の排泄に深く関っています。
タンパク質を食べるとその副作用でアミノ酸が必ず出てきますが、
そのアンモニアを肝臓で無害な尿素に分解し、排出するためにオルニチンが必要です。

オルニチンがないと、カラダに溜まったアンモニアが排出できなくなり、
代謝支障が出てしまうのです。

その意味では、代謝に不可欠な物質といえ、それを摂取すればカラダの成分として
働いてくれるかというとそんなことはありません。
オルニチン配合のサプリメントなどには、「疲労回復」や「代謝の促進」を謳った
物が少なくなく、エビデンスが確立していないて点では、

アミノ酸(タウリン、アスパラギン酸、アルギニンなど)と変わりありません。
筋肉を作るためにタンパク質(アミノ酸)を多量に摂取すると確かにアンモニアの量も増え
わざわざサプリメントでオルニチンを摂取しなくても肝臓の解毒作用が働いて十分に排泄できます。その意味では、ことさら意識して摂る必要のない成分なのです。

クスリとサプリメントの違い

基本的にはある症状に対する効果効能が確認されているものがクスリ(医薬品)で、
それが謳えないものがサプリメントです。

サプリメントのすべてが不要なわけではありませんが、この点はよく理解し、
本当に効くかどうかがハッキリしていないものに関してはあえて摂らないほうがいいでしょう。
クスリは主作用に対して副作用がありますが、サプリメントはクスリと違ってこうした、
副作用はありません。

これからもさまざまな商品が販売するのも、配合する成分に「害がない」からです。
栄養ドリンクなども、カフェインやアルコール、ビタミンなどアミノ酸以外にも
さまざまな成分が配合されています。

これらの成分の複合作用で飲むと
一時的に元気になれるのは、心理効果もあるのかもしれません。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。