脳におけるアミノ酸の働きとは? – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康を作るタンパク質

神経伝達物質

モノアミンと総称される神経伝達物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニン)
があります。
これらはフェニルアラニンやトリプトファンというアミノ酸からできています。

フェニルアラニンは、チロシンという別のアミノ酸に変化し、それがドーパミンという
物質になり、ドーパミンができ、このドーパミンからノルアドレナリンができます。

ドーパミンが快感や意欲などを引き起こしますが、ノルアドレナリンは緊張や恐怖、
不快感などを引き起こすと考えられています。
この神経伝達物質の働きは、まったく異なるのに、生成の過程においては
たった1つの反応しか違わないのです。

ドーパミンからノルアドレナリンを作る酵素を持っているかどうかで、
どちらの神経になるかが決まります。
このように神経伝達物質の構造は思いのほか単純なのです。

また、トリプトファンからはもう1つのモノアミンであるセロトニンが作られ、
こちらはメラトニンに変化します。

モノアミンの仲間ではありませんが、グルタミン酸からはGABA(γ-アミノ酪酸)が
作られ、それぞれが神経伝達物質として働いています。

脳を動かすのに必要なアミノ酸

モノアミン合成の起点になっているフェニルアラニンやトリプトファンは
必須アミノ酸で、食べ物から摂取しなければなりません。

脳内の神経伝達物質の原料は食べ物の中にあるので、しっかり食事をしないと
脳はしっかり働いてくれないということになります。
大事なのは朝食で、午前中から仕事や授業が詰まっているときなどは、
脳を動かすための材料を朝食で補給する必要があります。

食べ物やエネルギー(ATP)に変化されると思う人も多いのですが、
脳の栄養素にもなっていることは知られていません。

アミノ酸を摂ったからといって頭が良くなるわけではありませんが、
脳が働くための栄養源なのです。
最近の大学でも学生たちにしっかり朝食を食べられるように、栄養士さんと
大学側は安価で栄養バランスのある朝食を提供しています。

その成果がデータとして、午前中の授業の出席率が上がっているといいます。

神経伝達物質モノアミン(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニン)の
分泌が不足することでうつ病が発症するというモノアミン仮説が知られています。

ただ、うつ病のような精神疾患で問題となるのは、あくまでも神経伝達です。
アミノ酸をいくら補給してもそれだけで症状が改善されることはありません。
神経伝達を促すクスリ(向精神薬)が開発されているのはそのためです。

脳内には、ドーパミンやノルアドレナリンを分泌する神経がたくさんあり、
これらは場所によって違う働きをします。

パーキンソン病とアルツハイマー病はまったく別の病気だと思っていませんか?
実は脳内の神経の壊れる場所が違うだけです。
パーキンソン病は、脳内の黒質にある神経が壊れ発症しますが、
黒質はドーパミンを分泌する神経が多い場所なのです。

ドーパミンの分泌する神経は2つあります。
1つは黒質から線条体へ伸びている細かい運動に関る神経です。

もう1つは大脳皮質へ伸びている神経があって、快感を受け取る神経です。
その2つの神経のどちらかがおかしくなるので、
パーキンソン病になったり、意欲が減退します。

パーキンソン病を発症しても、ほかの神経は健常ですから行動は不自由でも
きちんとモノを考えたりできるわけです。

病名が違いますが、壊れる場所が違うだけなのです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。