自分の細胞で再生!再生医療時代の到来 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康生活のキーポイント

iPS細胞

再生医療の歩み

ヒトの永久歯は損傷すると二度と生えてきません。
人類は有史以来、こうした失われた機能を、さまざまな人工の
資材を用いて再生してきました。

「iPS細胞」理論の導入により、「ヒトの細胞での再生」に光が当てられています。
ヒトの歴史は、一面では戦いの歴史でもありました。

再生医療は遠くローマの時代からすでに始められています。
戦争などで機能が失われた手、足の「義手・義足」、さらに義眼や入れ歯、
人工関節、骨髄移植、またかつらや補聴器も広い意味で再生医療といえそうです。

医療の目覚ましい進展で、現在の再生医療は、人工心臓や鼓膜の再生、
果ては人工肛門までを可能にしてきています。

しかしこれまでの再生医療には、さまざまな問題や障害があります。
身近な「歯」ではどうでしょう。
虫歯や歯槽膿漏などで損傷した歯の抜歯後は、差し歯やインプラントなどで
補填されます。

差し歯の場合は、健康な左右の歯にブリッジをかけて使用するため、
健康な歯に余分な力が加わり、結果健康な歯を痛めてしまいます。

その店、歯茎に義歯を埋め込むインプラントは、周辺の健康な歯を痛める
ことが無いので安心です。
しかし、高額であることと、生涯使用できない、口腔内の筋肉の衰えなどにより、
一生使用できるものではないという欠点があります。

もう一つの大きな問題は、異物への「免疫的な拒否反応」と「臓器移植の論理問題」です。
義手や義足の使用には厳しい回復訓練が必要です。

それにともないリハビリテーション分野の医療も大きく前進しています。
しかし、体内に導入する人工臓器には、臓器売買など論理的さまざまな問題も
背景に存在しています。

iPS細胞とは

iPS細胞は、人工多能性幹細胞のことで、英語の頭文字iPSを名称してもの。
iPS細胞とは、体細胞に遺伝子を導入すると、「分化万能性」と同時に、
分裂増殖しても分化万能性が維持できる「自己複製能力」を持った細胞のことです。

「幹細胞」は、自らを再生する能力を持ち、体の組織や臓器に成長する「元」
になる細胞なのです。

何らかの疾病で機能を失った臓器でも、自分の細胞を使って、
体の組織・臓器・器官の再生や機能の回復が可能になれば、免疫的拒否反応や
論理的諸問題も解決・克服できることになります。

ちなみに、現在iPS再生医療として注目を浴びている医療には、
・血管の新生
・血液疾患の治療
・骨の再生
・心臓(心筋細胞)の再生
・しわやたるみなどの若返り治療
・再生軟骨による降鼻術
・毛髪の再生

各医療分野での実用には、まだまだ時間が必要と思われますが、
現在、医療ニュースによりますと、iPS細胞利用の成功例が矢継ぎ早に出されています。

そのため理論的には、二度と生えてこない永久歯の再生や、毛根を失った頭皮に
フサフサの頭髪を蘇えらせるにも夢ではないことになります。
再生医療は、国家的規模で取り組まれています。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。