大豆たんぱくは植物性タンパク質 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康を作るタンパク質

大豆たんぱく

畑の肉といわれる「大豆」は、中性脂肪を体外に排出し、
コレステロール値を下げて血液をサラサラにする。

摂り過ぎに注意するのは、肉類に含まれる動物性タンパク質です。
大豆に含まれる植物性タンパク質は、血中のコレステロール値を上げるどころか、
下げる働きをします。

大豆たんぱくは、血管を丈夫に保ち、中性脂肪や胆汁酸を体外に排出させる
働きがあるので、コレステロール値を気にしている方こそ、
大豆たんぱくを摂って下さい。

バランスよく含まれる必須アミノ酸

タンパク質が良質であるかどうかは、アミノ酸のバランスで決まります。
アミノ酸には、体内で合成されるものと、合成されないアミノ酸がああり、
耐穴意で合成されないアミノ酸を「必須アミノ酸」。

これは食べ物からしか摂ることが出来ません。
大豆には、すべての必須アミノ酸がバランスよく含まれています。

イソロイシン、ロイシン、リジン、含硫アミノ酸(メチオニン、シスチン)、
芳香族アミノ酸(フェニルアラニン、チロシン、スレオニン、トリプトファン、バリン)が
必須アミノ酸です。

女性ホルモンのバランスが崩れると、
「からだがダルくて、何をするにも気力がわかない」
「生理の周期が一定していない、ときにはない月もある」といった症状に悩まされ、
女性ホルモンは脳からの指令を受けて、卵巣から分泌され、多すぎたり少なすぎたりすると、
肌荒れやにきび、イライラ、頭痛、生理不順といった症状にも悩むことに!

ツライ症状を和らげる働きが、大豆に含まれる「イソフラボン」です。

大豆イソフラボンは若々しさをキープしたい女性には、とても強い味方になります。
しみ、しわに効果を発揮するコラーゲンの代謝を活性化し、肌を美しくすこやかに
保ってくれます。

大豆を摂ることで、体内の女性ホルモンが多すぎるときは抑え、
不足しているときには補います。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンの「エストロゲン」に似た構造を持っているため、
若々しさをキープしたい女性にとって、なくてはならない成分です。

大豆から抽出した大豆イソフラボンは、女性ホルモン剤の原料としても
使われるほど協力です。
大豆イソフラボンの注目される働きには、コラーゲンの代謝を活発にするのです。

コラーゲンはしみやしわに効果を発揮する美肌成分のひとつ。
大豆イソフラボンはその働きを活性化し、肌を美しくすこやかに保ってくれます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。