骨粗鬆症の予防に大豆イソフラボンが一役! – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康を作るタンパク質

大豆イソフラボン

スカスカ骨になる前に、カルシウムと大豆イソフラボン。
骨粗鬆症は、骨に含まれるカルシウムが減少して、骨がスカスカになったり、
脆くなったりする状態です。

お年寄りに見られる症状ですが、若い女性に間でも増えています。
骨の成分は、カルシウムで大豆イソフラボンが骨から溶け出すのを防ぎます。

大豆イソフラボンは、骨を健康に保つため欠かせません。
カルシウムと大豆イソフラボンの働きで骨粗鬆症予防を!

「便秘がひどくて、苦しい!」。人知れず悩みを抱えている人も多いはず。

食物繊維は腸の働きを活発にし、便通を促します。
大豆には食物繊維がタップリ含まれています。まだまだ食物繊維の摂取が不足している
日本人の食生活です。

食物繊維が不足すると、便秘の他に肌荒れ、肥満の原因にもなり、
食生活の欧米化がますます進み大腸がんになる人が増えています。

発がん性を持つ有害物質を体外に排出する食物繊維の働きがあります!
腸内細菌によって発生する有害物質を体内に留める時間を短縮するため、
健康のため、食物繊維を積極的に摂るように工夫して下さい。

食物繊維は、水溶性と不溶性があります。
大豆は水に溶けない(不溶性)で粗繊維とも呼ばれています。

野菜や穀類などに含まれています。
粗繊維(不溶性)は体内で水分を吸収・膨張し、排便を促します。
一方の水溶性の食物繊維は、昆布やひじき、のりなどの海藻類、こんにゃく、果物などに
多く含まれています。

水溶性は小腸で余分なコレステロールを吸着し、体外へ排出します。
ですから、コレステロール値の上昇を抑える働きがあります。

糖尿病や高血圧の予防には水溶性の食物繊維が良いです。
食物繊維はこのように不溶性と水溶性のものをバランスよく摂るのが理想的な食生活です。

サラサラ血液は、善玉コレステロールが血液中のコレステロール値を正常に
保ってくれている状態です。
対するドロドロ血液は、悪玉コレステロールが血管の壁や細胞膜にこびりつて、
血液の流れが悪くなっている状態を現しています。

ドロドロ血液状態のまま放っていると、動脈硬化や高血圧につながる恐れがあり、要注意!
大豆に含まれるレシチンは血液中の悪玉コレステロール溶かし、体外に排出し
善玉コレステロールを増やし、コレステロール値を正常に保つので心強いです。

そして、適度な運動を続けることでも体内の善玉コレステロールが
増えることも分かっています。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。