鉄分もカルシウム同様吸収率が悪い欠点があります – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康を作るタンパク質

カルシウムをしっかり蓄える

ほうれん草や小松菜などの植物性食品に含まれる鉄分の吸収率は、
レバーなどの動物性食品と比べると吸収率は低くなっています。

しかし、植物性食品の中でもバツグンに吸収率が高いのは「大豆」。
鉄分を効率よく体内に吸収することができます。

豆乳には牛乳の約10倍もの鉄分が含まれています。
貧血の予防に1日1杯の豆乳を飲むんも良いでしょう。

日本では、大豆をいろいろな形に加工して、昔から食べて来ました。
豆腐、油揚げ、納豆、凍り豆腐、豆乳、おから、みそ、醤油。
これらはみな日本人の食生活の中で自然発生的に、知恵から生まれた大豆製品です。

肉食が一般的でなかった日本にとって、大豆は重要なたんぱく源でした。

納豆ネバネバに含まれる成分が血液サラサラにします

明治時代納豆から発見された血栓溶解酵素が「ナットウキナーゼ」と命名されました。
ナットウキナーゼは、納豆が発行する課程で生成されるタンパク質分解酵素の一種です。

納豆のネバネバに含まれる酵素で、血液の流れを妨げる血栓を溶かす作用があると
いわれています。
このナットウキナーゼの血液サラサラ効果を高めるには、酵素の働きを助ける
ネギや玉ねぎ、ニラなどと一緒に食べると良いです。

納豆菌により、納豆を食べることによって、腸内に菌が止まり、腸内細菌のバランスを
整えるので、下痢や腸炎を予防し、便秘を改善するといわれています。

さらに、納豆菌に含まれる大豆オリゴ糖には、乳酸菌やビフィズス菌といった
善玉菌を腸内で増やす働きがあります。
納豆はまた、骨粗鬆症の予防にも力を発揮します。

ビタミンKが含まれ、骨にカルシウムが結合するのを助ける働きをします。
健康な人でしたら、腸内で生成できますが、加齢とともにビタミンKの生成量が
減ってきますので、食べ物から摂る必要があります。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。