味噌には重要な栄養分がタップリ含まれています – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康を作るタンパク質

味噌の乳酸菌で免疫力をアップ

塩分が気になる方は具をたくさん入れましょう!
味噌の成分は種類によっても変わってきますが、大豆そのものの成分に加え、
熟成とともに増える「メラノイジン」には抗酸化作用があります。

味噌に含まれる乳酸菌には、免疫力を高め腸内環境を整えます。
さらに発酵物質とアミノ酸が結合してできる「ペプタイド」という成分には、
肥満や高血圧といった生活習慣病を予防する効果が期待できるといいます。

そのうえ、大豆を発酵させるときに使う、麹には麹酸が含まれています。
この物質にはメラニン色素の生成を抑える働きがあるのです。

しみ、そばかすをからだの内側から予防するから色白お肌を作ります。
味噌は栄養面から見ると健康づくりにはいいことずくめですが、
唯一の欠点は塩分が多いことです。

高血圧などでかかりつけの医師から塩分摂取を控えるように注意を受けている方を
除けば、それほど神経質にならないで、味噌汁と相性のいい、わかめ、大根、じゃがいも、
なす、ねぎ、油揚げなどカリウムを多く含む食品を一緒に食べることで、
余分な塩分を体外に排出する作用があります。

豆乳を固めたゆばにはアミノ酸が豊富!

ゆばができるのは、豆乳をあたためることで、「グリシニン」というタンパク質が
固まるからです。

高濃度の豆乳を沸騰しない程度にあたため、表面にできた薄い膜をさいばしや
竹串などを使いすくうだけです。

タンパク質は20種類のアミノ酸が結合してできたものですが、
ゆばには「トリプトファン」や「チロシン」など、脳の働きを活性化するアミノ酸が
豊富に含まれています。

また、鉄分やリンなどのミネラルもたくさん含まれています。
自宅で簡単に手作りできるゆばは「引き上げゆば」と呼ばれ、保存は効きません。

わさび醤油などにつけて、贅沢な気分を味わって濃厚な味を堪能しましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。