慢性疲労誰もが疲労を感じています – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康を作るタンパク質

慢性疲労を感じている人

疲労といっても原因は、
①肉体的な疲労
②ストレスなどからくる精神的な疲労
③糖尿病や肝臓疾患などからくる病気が原因の疲労

原因が分かればそれなりに対処できますが、なんとなくダルい感じを引きずった、
まま半年以上改善が見られないようでしたら、それは「慢性疲労」と見なされます。

日本には慢性疲労で悩む人の数はどれくらいなのか?
疲労回復にはタンパク質とビタミンB1がいいのですが、両方を豊富に含んでいるのが
納豆です。

タンパク質が良質であるかどうかは、アミノ酸バランス(約20種類)で決まります。
納豆には20種類のうち18種類が含まれています。

このようにバランスの取れたタンパク質の働きによって、体内で脂肪が分解・燃焼され、
活動エネルギーが増えることで、元気になります。
また、納豆に含まれるビタミンB1と亜鉛には糖質をエネルギーに変える働きがあります。

ビタミンB2には脂質、タンパク質をエネルギーに変える働きがあります。
さらに納豆のレシチンは血流を促進する作用が、カリウムには細胞の働きを正常に
保つ作用があるといわれています。

納豆を食べるときには、玉ねぎやネギ、ニラなど硫石アリルを多く含む薬味を
添えるとパワーがアップします。

ビタミンB1の吸収を高める効果があるので、さらにパワーが出てくるのです。
過労、不安、対人関係など悪いストレスはあらゆる病気の引き金になります。
ストレスには、いいストレスと悪いストレスがあります。

いいストレスとは、目標、夢、ライバル関係などで、自分を奮い立たせたり、
勇気、元気付けたりしてくれるもののことです。

反対に悪いストレスとは、過労、不安、人間関係など、からだや心が苦しくなったり、
気が滅入ったり、ヤル気をなくさせたりするもののことです。
悪いストレスを抱えたままでいると、精神的によくないばかりか、ED(勃起不全障害)や
高血圧、心臓病、過敏性大腸炎、ぜんそく、狭心症、円形脱毛症といった
病気を引き起こすことになりかねません。

どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?
ストレスは内臓や血管を調節する自律神経に影響を与えるため、軽いストレスは
あらゆる病気の引き金になるのです。

悪いストレスを無くすには、
自分にとってのストレッサー(ストレスの原因となっているもの)が何であるかを
突きつめること。

ストレッサーがハッキリしたら、それを取り除いたり、解消するよう努力することが必要。
ストレスに負けないからだを作るには、タンパク質が一番です。

アミノ酸がバツグンの大豆には良質なタンパク質がタップリ含んでいるので、
からだを元気に保ってくれます。
ビタミン群がタンパク質や糖質をエネルギーに変え、脳の働きを活発にしてくれます。

元気なビタミンと呼ばれるビタミンCが豊富なくだものを食べることで
自然とヤル気が湧いてきます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。