生理痛は女性にしか分からない悩み – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康を作るタンパク質

生理痛の悩み改善には黒豆

酷くなると日常生活にも支障をきたす生理痛。
下腹部や腰の痛みが酷くて動けなかったり、吐き気をもよおしたり。

生理痛(月経困難症)には、
器質製生理痛と機能性生理痛のふたつがあります。

器質性生理痛とは、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が原因で起こるものです。
医学的な治療が必要になってきますので、早めに医師に相談するようにして下さい。

機能性生理痛とは、生理の際に分泌されるホルモンが、子宮を収縮させる
ことによって起こるものです。

痛みを感じる主な原因としては、
①ホルモンのアンバランス
自律神経の失調
③精神的ストレス

これらを解消するには、ストレッチなどの軽い運動を加えて、
不足しているカルシウムやマグネシウム、リノール酸などを意識して
多めに食べることです。

黒豆は女性にピッタリの食べ物
ホルモンのバランスを整え、カルシウムとマグネシウムが豊富です。
大豆のなかでも最高!鉄分も豊富に含まれています。

生理時に起こりやすい貧血の解消にも役立ちます。
さらに血液をきれいにするリノール酸、レシチンも多く含んでいます。

またビタミンEには、生理痛から来る痛みを和らげる作用が
あるといわれていますが、黒豆にはリノール酸とともに、
その酸化を防ぐビタミンEが豊富に含まれています。

日ごろから黒豆をいっぱい食べて、痛みに負けないからだを作って下さい。

女性に多い貧血の主な症状

めまいや頭痛、神経痛、むかつき、顔面蒼白など。
貧血はすべての女性に起こりうる症状で、
閉経前の女性ならなおさら注意することです。

なぜ、女性のほうが貧血になりやすいのかと言うと、
貧血が起こる原因に理由があります。
貧血の3大原因!偏食、ダイエット、生理。
いずれも女性にとって身近な課題です。

貧血を予防するために、鉄分とタンパク質。
十分な量のタンパク質が摂れていないと赤血球の生産能力が
低下していきます。

また、鉄分はからだに吸収されにくいので、
タンパク質やビタミンCと一緒に摂る必要があります。
鉄分もタンパク質も豊富に含まれている食べ物は、大豆です。

大豆に含まれている鉄分は非ヘルム鉄といい、
本来はあまり効率のよい鉄分ではありません。

血液になりやすい鉄分は、ヘム鉄といい、
肉や魚などの動物性の食べ物に多く含まれています。
このことから、貧血によい食べ物と言うと、レバーやあさりが挙げられます。

しかし植物性の非ヘム鉄には、動物性のヘム鉄と一緒に摂ることで、
吸収率がアップするという特徴があります。

凍り豆腐の卵とじなどを食べると、大豆の鉄分が効率よくからだに吸収されます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。