肩こりになりやすい日本人女性 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康を作るタンパク質

肩こりに悩まされている人

デスクワークで長い時間同じ姿勢を取っている
視力が落ちてメガネが合わなくなってきた

肩こりとは、筋肉への酸素不足により体内に老廃物が
蓄積して起こるものです。

さまざまな理由が考えられますが、主な原因とは、
[check]同じ姿勢を長時間取り続けることによる血行不良
[check]冷え症
[check]精神的ストレス
[check]目の疲れ
[check]加齢による首の骨や関節の異常
[check]内臓系の病気
[check]噛みあわせの悪さ、顎関節症によるもの

骨格がきゃしゃな日本人は、頭と首のバランスが悪いことから、
肩こりになり勝ち。

女性は男性より筋肉量が、少ないため肩こりに悩まされている人が多いのです!
ビタミンB1とビタミンEが代謝と血行を促進します。
どうにもツライ肩こりに効果があるとされる、ビタミンB1とビタミンE、
大豆にはその両方が豊富に含まれています。

ビタミンB1には、代謝を促進して筋肉疲労を取り除き、
神経機能を正常にする作用があります。

大豆のなかでも特にビタミンB1が多いのが大豆もやしです。
また、ビタミンEには血行を促進する効果があるので、
肩こり、冷え症解消に役立ちます。

子供にも大豆

育ち盛りの子供にも大豆がおすすめ。
育ち盛りの子供にとってタンパク質は必要不可欠な栄養素です。

大豆のタンパク質には、発育に大きな効果がある、
必須アミノ酸のリジンが多く含まれています。
肉などの動物性タンパク質も、育ち盛りの子供にも大切な栄養素です。

しかし、動物性タンパク質は取り過ぎるとコレステロールとなり
体内に溜まってしまいます。

その点、大豆などの植物性タンパク質なら、コレステロールを
増やすどころか減らす(下げる)働きがあります。
動物性と植物性のタンパク質を同じくらいの割合で摂取するのが理想!

最近では、糖尿病などにかかる子供も増え、
1986年に、40歳以上の人に多い病気を「成人病」と呼んでいましたが、
「生活習慣病」という言葉に改めたのです。

生活習慣病になる子供がさほど多いというわけではありません。
しかし、糖尿病をはじめ、確実に増えているということで、
そうなる前に、食生活を見直す必要があります。

子供に大豆をすすめる理由は、
大豆には、骨を丈夫にする成分が含まれています。

骨を丈夫にする成分って、カルシウムのこと?
しかし、それ以上に注目なのが、大豆加工食品のなかでも
納豆に多く含まれているビタミンK!

骨を丈夫にしたいのなら、カルシウムと一緒にビタミンKを
摂るのが効果的です。

大豆にはカルシウムとビタミンKの両方が含まれています!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。