栄養バランスの摂れた食事をすれば肌がキレイになります – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康を作るタンパク質

豆乳で大豆イソフラボン補給

大豆を食べて内側から輝く素肌美人に、
キレイな肌はからだの内側から作りましょう!

どんなに高価な化粧品、ひとつで数万円もする美容液やクリームを使ったとしても、
キレイになれるのは肌の表面だけです。
からだの内側まで成分は届いていません。

表面だけをいくら取り繕っても、それは一時的なもの、
本当に美しい肌を手に入れたいのなら、からだの内側からキレイになる必要があります。

ビタミンB2が不足すると、肌が荒れたり、口角炎が出来ます。
これはいわば、からだからのサインなのです。
そういったサインを見逃すことなく、しっかり栄養バランスの摂れた食事を
摂るように意識することで、自然にお肌はキレイになります。

からだの内側からキレイにするなら、やっぱり大豆がいちばんです。
豆腐や豆乳などの大豆製品が流行りを越えて、定番として受けいられつつあります。

コーヒーに入れるミルクの代わりに豆乳を使ったり、
豆腐料理専門店が多く出現したりと、どのお店も女性で賑わっています。
これは、女性たちが大豆の美容効果に気付き始めた証拠なのかもしれません。

1日1杯の豆乳習慣で、シミ、ソバカスを防ぐ

豆乳には美容に必要なビタミンB郡やビタミンEがたっぷり。
熱に強い豆乳をいつもの料理に加えましょう!

豆乳も今ではすっかり味も向上しています。
ヘルシーなライフスタイルに欠かせない栄養補給飲料となっています。
豆乳とは、大豆をすりつぶして搾ったもので、豆腐になる一歩手前の段階です。

液体として搾ったものが豆乳に、搾りカスがおからになります。
豆乳には食物繊維以外の大豆成分がほとんどそのまま残っています。

「いくら健康にいいからって、毎日は大豆を食べられない」という人には、
豆乳が断然おすすめです。
豆乳には、美容にいいビタミンB群、ビタミンEがタップリ含まれています。

ビタミンB群は、肌荒れや吹き出物を防ぎ、肌を健康な状態に保ちます。
またビタミンEは、肌の血行を促進するとともに、ホルモンの分泌を盛んにして、
肌の若返りを助けます。

さらに、豆乳の大豆イソフラボンによる美白・美肌効果!
大豆イソフラボンには、女性ホルモン・エストロゲンに似た成分が含まれています。

これは、コラーゲンの生成を促進して、肌を美しく保ってくれます。
また、豆乳には抗酸化作用のある物質が含まれています。
肌の老化、シミ、ソバカスなどを防ぐ作用があります。

まだまだ豆乳が女性の味方となる理由があります!
貧血の予防に欠かすことが出来ないミネラルの鉄分ですが、
鉄分の含有量は牛乳の約10倍。

しかも牛乳よりカロリーが低く、コレステロールはゼロなので、
肥満や生活習慣病の予防には最適!

そんな豆乳をただ飲むだけではモッタイナイ。
料理やデザート作りに使えます。大豆をお良に使うとなると、
事前の水に浸けておく必要があったり、それなりに時間が必要になりますが、

豆乳でしたら、いつもの料理に加えるだけで手間は一切要りません。
熱にも強く、加熱によって成分が損なわれる心配もありません。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。