黒豆はアントンシアニンたっぷり美容と健康の味方 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康を作るタンパク質

ムダ毛の処理に豆乳ローション

大豆というと薄茶色の豆を思い浮かべますが、これは「白大豆」と呼ばれるもので、
「青大豆」や「黒豆(黒大豆)」などもあります。

色の違いは、種皮の含まれる色素によるものです。
おせち料理などに用いられてきた、黒豆の種皮には、アントシアニンと
プロアントシアニンが含まれています。

アントシアニンは、脂肪が血管に付着するのを予防したり、
美肌効果や視力低下を防ぐ働きがある地位割れています。

黒豆を水煮する際には、鉄なべを使ったりなべに釘を入れるとよいといわれます。
これは、アントシアニンと鉄が結合することによって、
黒豆の色が鮮やかになり、ふっくらと美味しくなるからなのです。

また、白ごまより黒ごま、白ワインより赤ワインをというように、
優れた成分が秘めていることからも、色の濃い食べ物には、免疫系統を
活性化する働きがあります。

また、色素だけではなく、黒豆にはタンパク質、カルシウム、カリウム、鉄分、
ミネラルなどの栄養素もタップリ!

美容にいいビタミンB群も通常の大豆より豊富に含まれています。
最近では、お茶やクッキー、豆腐などの加工食品も市販されています。
黒豆を積極的に食べて、美容・健康効果を実感してみてはいかがですか?

美肌に効くアントシアニンを含む食べ物
ブルーベリー、赤ワイン、黒豆、紅いもなど

ムダ毛のないツルツル肌になる豆乳ローション

豆乳ローションは化粧水のような美肌のためのローションではありませんが、
気になるムダ毛を安全に処理できるので、男女を問わず人気を集めています。

材料も天然のものなので肌トラブルも少なく、長く続けられると評判です。
ムダ毛処理に効果を発揮するといわれています。
なぜ、豆乳ローションがムダ毛処理に役立つのか?

そもそもムダ毛自体が男性ホルモンの働きによって生えるものです。
豆乳のもと大豆には女性ホルモン・エストロゲンに似た大豆イソフラボンが
含まれています。

男性ホルモンの働きを抑制します。
豆乳をそのまま塗っても、豆乳に含まれるタンパク質は分子量が大きく
有効成分が肌の内側にまで浸透しないのです。

そこで、レモン汁などを加えることでタンパク質を固めて取り除き、
役立つ成分だけを肌にしみこませることが出来ます。

[check]豆乳ローションの作り方

材料
成分無調整の豆乳(大豆固形成分8%以上)500ml
レモン汁 700ml
消毒用アルコール 60ml

①皮は絞らないで、レモンを絞る
②豆乳を弱火で温める
③65℃になりましたら①を加え、固まりかけたら火を止めます
④消毒用アルコールを、必ず火を止めてから加えます
⑤全体が均一になるようにかき混ぜます
⑥⑤をガーゼなどでこします
⑦水分を絞り、カスは捨てます
⑧清潔な容器に移して保管(約1週間で使い切ってください)

使う前には必ず、パッチテストをして下さい。
ローションを塗って一晩置き、異常があったら使用はしないで下さい。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。