子どものアレルギー 食物アレルギー – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

食物アレルギーの食事管理は少しずつ変わってきています

食物アレルギーは生活の基本である食事で起こるアレルギーです。

発症は乳幼児期が多く、育児の不安がるところにアトピー性皮膚炎など大変です。
かつては、「食べさせない」が主流でしたが、
今では「できるだけ食べさせること」に重きを置いています。

食物アレルギーから子どもを守るには、両親や周囲にいるすべての大人たちです。
また、子ども自身もある程度の齢になりましたら、
自己管理できるようにアレルギーの知識を持つことも大切になります。

また、乳幼児期に食べるとアレルギーが出ていた食べ物も、大きくなるの連れて
徐々に食べられるようになってくることがほとんどで、
自然に食べられるようになることも多いといいます。

それも適切な食事管理から治るということが期待できるのです!

赤ちゃんの顔やひじの内側やからだも赤くなったので、近所のクリニックで
診察を受けると、乳児湿疹と診断され、ステロイド剤を処方され、
湿疹が治まって皮膚はキレイになりますが、ステロイド剤を止めると、

また湿疹が出てきて、同じ繰り返しで不安になり、
他の小児科クリニックを受診すると、アトピー性皮膚炎と診断され、

さらに食物アレルギーを合併しているかもしれないと、
アレルギー検査をすすめられると、一度も食べたことのない、いくつかの食べ物に対して、
血液検査の結果IgE抗体が陽性になっており、牛乳、卵、大豆、小麦、魚類といった
食べ物を食べさせることが出来ないときどうしますか?

これから離乳食を始めようと思っていたのに、
医師から専門病院への紹介状を書いてもらいましょう!

適切な離乳食の始め方などのアドバイスが受けられます。
それなら、自分で専門病院や大学病院へ行くほうがいいのではと?
思いませんでしたか。

確かに、医師の紹介状がなくても受診することは可能ですが、
初診料金が高くなったり、混雑し大勢の人たちが待つ受付を想像するだけでも、
赤ちゃんを連れて大変で、待つ時間も節約でき、
最初から検査をやり直すことになります。

かかりつけ医に紹介状を書いていただき、赤ちゃんへの負担が軽くなるというものです。
専門の検査や指導を受けられます。

血液検査が陽性というだけで、その食べ物が食べられないとまだ、
決まったわけではないのです。さらに詳しい検査と指導の必要があります。
そうすれば、アレルギーの知識とともに、緊急時の対応法も身に付けられます。

子どものアレルギーというと、ぜんそく、アトピー性皮膚炎、花粉症が
浮かびますが、今は食物アレルギー、アナフィラキシーが加わっています。

食物アレルギーの専門医がいる病院を受けましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。