食物アレルギーとは – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

食べ物によってアレルギー反応を起こすものが食物アレルギーです

アレルギーとは、本来からだを守る働きの仕組みが過剰に働いて(反応)、
不利益な症状を起こすものです。

食べ物が体内に入る経路は、「食べる」以外もあります。
特定の食物→口から(食べる、吸う)、からだが触れる!

一定の食物によってアレルギー反応が起こり、からだに異常な症状が現れます。
食中毒などすべての人に起こるものや、食物不耐症など
特定の人にだけ起こってもアレルギー反応がかかわらないものは含まれません。

食物アレルギーは赤ちゃんに最も多く、本来栄養になるはずの食べ物を
受け付けず、じんましんなどの不快な症状が起こり、とくに赤ちゃんに多い
病気で年々患者数が増えているといいます。

からだには、有害なものが侵入してくると、排除しようと働く仕組みが
「免疫」反応です。

ところが、有害でないものにも過剰に反応してしまうことが、アレルギーです。
特定の食物に反応することが食物アレルギーです。
かゆみやじんましんなどの不快な症状が起こります。

患者さんの大半は子どもで0~1歳の赤ちゃんが多く、年齢ががるとともに
減少しますが、大人でも珍しい病気ではありません。

アレルギーを起こしていた食物を食べても、成長とともに症状が
出なくなることが多いのと、原因の診断がついて症状が出なくなるためです。

保育園や保育所に通う年齢(0歳児)が多く、全体の約30%を占め、
3歳まででは約65%を占めています。
自己管理が出来ませんので、周囲の注意が必要です。

小中学校に通う年齢(8歳)まででは全体の約80%を占めています。
学校生活においても、給食などさまざまな点で注意が必要になります。

年齢とともに食べられるようになって行きます。
年齢とともに患者数が減少しています。
3歳までに約50%、小学校就学までに約90%が、原因(大豆、小麦、鶏卵、牛乳)
になっていた食物を食べられるようになります。

症状が誘発されなくなり、治って行くという診断がつきますが、
何故食べられるようになるのか、詳しく分かっていないのが実状です。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。