乳児アトピー性皮膚炎と合併する食物アレルギー – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

乳児アトピー性皮膚炎

生後3ヶ月までに顔や頭に出来る湿疹や赤みは、食物アレルギーが合併している
可能性があるので、アレルギーに正しく対応するため、
低年齢では食物アレルギーがよく合併することを頭に入れて置いて下さい。

乳児アトピー性皮膚炎とは
かゆみのある湿疹が現れたからといって、アトピー性皮膚炎であるとは限らない!
アレルギーは、よくなったり悪くなったりを繰り返しながら続くのが特徴です。

乳児の場合は2ヶ月以上、幼児・学童であれば半年以上経過を見て、
ただしい判断をつけてもらう必要があります。

乳児はアトピー性皮膚炎と合併しやすい!

食物アレルギーのほとんどは0歳児に発症しますが、
多くが乳児アトピー性皮膚炎と合併しているのです。

顔や頭の湿疹がなかなか治らないのは、食物アレルギーが合併していたということが
多いといいます。スキンケアやステロイド軟膏などによる治療を行っても、
よくなったり悪くなったりを繰り返す場合は、食物アレルギーの合併を疑われますので、
専門の検査をする必要があります。

その一方で、学童以降のアトピー性皮膚炎では食物アレルギーが関与することは
ほとんどないといいます。

チェックテストがあります

[check]生後3ヶ月以内に湿疹が始まった
[check]男児
[check]顔面の湿疹から始まり、体幹に広がっているかゆみがあり、ひっかいている
[check]授乳間隔以上に、夜中に何度も起きて眠りが浅い
[check]湿疹があるのは、よだれの部分だけではない
[check]スキンケア(洗浄、保湿など)で改善しないなど
[check]ステロイド薬を塗っても改善しない
[check]ステロイド薬を塗ると一時は改善するがまたすぐに湿疹が出てくる
[check]授乳中の母親が食べる物と、乳児の湿疹の現れ方が関係しているようだ

当てはまる項目が多いほど、乳児アトピー性皮膚炎に食物アレルギーが
合併している可能性が高くなります。

離乳食を始めていない段階で湿疹が出る→アトピー性皮膚炎と診断され治療を始めるが
乳児アトピー性皮膚炎のコントロールが出来ていない→離乳食をスタートすることで
より悪化する

ちょっとお待ち下さい!アトピー性皮膚炎がある場合、離乳食を始める前に、
専門の検査を受ける必要があります。

なぜ、アトピー性皮膚炎をコントロール出来ないのでしょうか。

[check]スキンケアが不十分
[check]ステロイド剤外用薬の使い方が適切ではない
  ステロイド外用薬を塗ったり塗らなかったり
[check]かゆくて、かいてしまうので傷が出来る
[check]汗をかいてもそのままにして置く
[check]乾燥しているのは保湿に注意しない
[check]ダニが発生しやすい環境にしている
[check]皮膚感染症とみなし、抗菌薬や抗ウイルス薬のみで治療している
[check]睡眠不足や生活リズムが不規則
[check]食物アレルギーがある

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。