食物アレルギー 即時型は食事をしたらすぐに症状が出ます – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

乳幼児に限らずに、あらゆる年代に起こ即時型食物アレルギー症状

じんましんや赤みなどの皮膚症状、呼吸器(せき)や粘膜(目、鼻)、
消化器などに多様な症状で現れます。

症状の現れ方は、特定の物を食べると、皮膚の赤み、せき、喘鳴ぜんめい(ゼーゼーなど)
などの症状が起こってきます。

アレルギー症状が起こる食物は、年代によって少し違いがあります。

原因となる食物として
[check]乳児~幼児
鶏卵、牛乳、小麦、そば、魚類、ピーナッツなど

[check]学童~成人
甲殻類、魚類、小麦、果物類、そば、ピーナッツなど

特定のものを食べて2時間以内に症状が起こるのが「即時型」です。
乳児から成人まですべての年代で起こります。

また、乳児アトピー性皮膚炎タイプから即時型へと移行する例も少なくないといいます。
幼児期までに発症した場合には、耐性がつく(治る)ケースが多いのですが、
学童期以降に発症した場合、治ることはあまりないのです。

複数の臓器に症状が現れるアナフィラキシーも起こりやすく、対応が遅れると命に
関ることもあるので周囲の協力と注意が必要になります。

ピーナッツやナッツ類のアレルギーは、重い症状が現れやすく食後30分以内に
皮膚や粘膜などにアレルギー症状が現れます。
軽い腹痛を起こすこともあって、ガマンできないかの重症度やほかの症状にも
注意をしましょう。

消化器症状のひとつに吐き気が現れることもあります。
鼻づまりやくしゃみは鼻の粘膜症状の現れです。

そして、アレルギー症状として、何となく元気がなくなることもあります。
症状がかるければ徐々に治まってきますが、様子を見て、薬を飲ませるなどの
対応を施して下さい。

即時型食物アレルギー症状の現れ方の頻度は、最も多いのは
じんましんや赤みなどの皮膚症状で全体の約90%くらい。

次いではせきなどの呼吸器症状、目の充血や鼻づまり、唇のむくみなどの
粘膜症状、ショック症状(顔色の変化、冷や汗など)を起こすこともあります。

アナフィラキシーから全身に症状が現れ血圧の低下、意識障害などを
引き起こすショック症状は緊急の対応が必要です!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。