食物アレルギー特殊型口腔アレルギー症候群は花粉症との合併が多い – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

大人がかかりやすい食物アレルギーのひとつ

特定の果物や野菜を生で食べると、唇、口の中がかゆくなったり、ヒリヒリ痛くなるのが
口腔アレルギー症候群です。

症状は、唇、舌、口の中、のどなどに急激な痛み、かゆみ、むくみが5分以内に
現れます。

ただし、果物をジャムなどの加工品、加熱殺菌処理されたジュースなどにすると
症状が起こらなくなります。

食べてしまえば、胃液や消化酵素などで消化されるので、他の臓器症状に
至ることはありません。
花粉症との合併が多い、シラカバ、ハンノキの花粉症がある人は、りんご、梨に注意!

花粉が飛ぶ時期に症状が悪化することがあるのです。
子どもの場合は、花粉症にかかる前に口腔アレルギーを発症することもあります。

また、ゴムにアレルギー症状を起こすラテックスアレルギーとの合併もあります。
消化や熱に強い原因物質なので、多くは口腔内の症状のみで、ももやキウイなどでは
全身的な症状に発展することもあります。

今まで何にもなかったのが、果物や野菜の中には花粉と似た成分を持つものがあることで、
花粉症にかかると、その花粉に接触したときに症状が起こりやすい状態となって
いるため、成分の似た野菜や果物に触れた部位に口腔アレルギー症候群を
発祥することになります。

口の中以外にも、乳幼児期に腸管を経由して発症する食物アレルギーを
「クラス1」を分類し、全身に現れる症状のひとつとして口の中に反応が出ることがある。

口の中だけの症状は、摂食直後に起こるかゆみ、ヒリヒリ感が口に中だけに起こるのが
口腔アレルギー症候群です。
花粉症になった後に発症することが多く、気道を経由して起こる食物アレルギーです。

これを「クラス2」と分類します。
口腔アレルギー症候群の特徴は、生の野菜や果物を食べた直後に、
口の中にかゆみや痛みなどの症状が出ます。

症状としては軽く、加熱処理後の食物や加工品で出ることはありません。
ほとんどの患者さんは花粉症にもかかっています。

[check]花粉との関連が確認されてりる果物と野菜

シラカバ、ハンノキ(最盛期3月から4月)
バラ科→りんご、西洋梨、サクランボ、モモ、アンズ、アーモンド)
セリ科→セロリ、にんじん
マタタビ科→キウイ
ウルシ科→マンゴー

スギ(最盛期1月から5月)
ナス科→トマト

ヨモギ(最盛期8月から11月)
セリ科→セロリ、にんじん
ウリシ科→マンゴー

イネ科(最盛期5月から11月)
ウリ科→メロン、スイカ
ナス科→トマト
マタタビ科→キウイ
ミカン科→オレンジ
マメ科→ピーナッツ

ブタクサ(最盛期8月から11月)
ウリ科→メロン、スイカ、ズッキーニ、キュウリ
バショウ科→バナナ

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。