食物アレルギーはさまざまな症状を引き起こします – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

食物アレルギーを軽く見ない

皮膚や粘膜の症状が最も多く、消化器・呼吸器症状をはじめ、
全身に影響を及ぼします。
食物アレルギーは非常に多様です。

皮膚症状が最も多く、呼吸器・粘膜・消化器症状と続いています。
ショック症状も決してなくありません。

即時型食物アレルギーの症状だけを見ても、赤みなどの皮膚症状が
90%近く占めますが、重複して起こるケースも含めて呼吸器・粘膜・消化器症状も
それぞれ20~30%と、広範囲に現れます。

また、症状の程度についても千差万別で、軽いものもあれば、
呼吸困難やショックなど深刻なものもあります。

原因となる食物の特定とともに、重い症状が出たときの対処法を普段から
医師と相談しておくことが大切なことなのです。
さらに、症状が出るまでの時間もさまざまで、食物を摂取・摂食した
直後に出ることもあれば、時間をかけて現れる「遅発型」の食物アレルギーもあります。

[check]皮膚症状
かゆみ、むくみ、赤くなる、湿疹(赤ちゃん時のみ)
強いかゆみがあるのか、かきむしってしまう

[check]呼吸器症状
喘鳴(ぜんめいはゼーゼーする)、呼吸困難、せき
喘息のようにゼーゼーしたり、声が変わる、犬が吠えるようなせきが止まらない

[check]粘膜症状
口の中やのどの違和感や腫れ、のどが塞がる感じ、のどのかゆみやイガイガ感、
声がかれる、くしゃみ、鼻づまり
舌がビリビリした痛みを訴えるほど

[check]消化器症状
腹痛、吐き気、嘔吐、下痢、血便
何度も繰り返し吐くのは危険!

[check]ショック症状
顔色が真っ青、冷や汗、ぐったりする、脈が速く弱い、呼吸が浅く速い、
不安や興奮など意識の異常

アレルギーの症状は、心にも悪い影響を及ぼすことがあります。
かゆみに悩まされている子どもは、大きなストレスを抱えています。

昼間も元気がない、怒りっぽくなりがちで、イライラして、十分な睡眠も
取れません。皮膚症状がある場合には、十分な注意が必要です!
症状の強さは体調で変わります。

食物に対する反応は、そのときの体調によって変わり、疲れや寝不足、
喘息などは症状を悪化させる要因となります。

また、ほかの病気で鎮痛薬を飲んでいる場合も、悪影響を及ぼします。
普段の10分の1ほどの量で症状を起こすこともあるのです。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。