仮性アレルゲンを引き起こすアセリルコリン – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

乳糖不耐症は牛乳アレルギーではない

やまいもを食べて口の周りが赤くむずかゆくなるのは食物アレルギーとは
決め付けられません。

野菜や果物には、食物アレルギーに似た症状を引き起こす仮性アレルゲンが
含まれていることがあります。
やまいも、さといもに含まれるアセチルコリンという物質が即時型アレルギーと
似た症状を引き起こす可能性があるからです。

ただし、やまいもアレルギーで全身症状が起きることもあるので、
安易な決め付けは禁物です!

仮性アレルゲンの食物と物質の例

[check]ヒスタミン
ほうれん草、なす、トマト、さばなど

[check]セロトニン
トマト、バナナ、パイナップル、キウイなど

[check]アセチルコリン
トマト、なす、たけのこ、やまいも、さといもなど

[check]サリチル酸化合物
きゅうり、いちご、りんご、メロンなど

食物を消化できない不耐性!

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしたり、下痢や腹痛を起こす人は、
乳糖不耐症ですが、牛乳アレルギーではありません。

ミルクを飲ませると吐いてしまう乳児も、一概に食物アレルギーとは言えないのです。
牛乳に含まれる乳糖に反応したり、ミルクに含まれる糖分を分解する
酵素が不足している体質なのかもしれないかれです。

食物不耐症で、免疫の仕組みで起こるものではなく、
食物アレルギーとは別に扱う必要があります。

ある食物を食べるとツライ症状が現れる・・・
そのため食物そのものが原因だと思い勝ちですが、厳密にいうとそうではないのです。
食物に含まれる成分に反応しているのです。

この場合は、タンパク質が反応の元です。
本来なら栄養となる成分を消化吸収できなくて、からだの仕組みが
異物と見なしてしまうのです。

何にどう反応してアレルギーを発症するのか?

生後ずっと母乳だけで育て、粉ミルクなどの人工乳は飲ませていません。
母乳もタップリ出ていたのでよく飲み、すくすく乳児は成長しています。

夏の暑い時期には、少しあせもも出たが、特にしっしんなど目立つ
アレルギー症状もなく、汗はひんぱんにシャワーで洗い流して、
清潔にしていました。

消化が良さそうなので、食べやすいイメージもあり、5ヶ月になりそろそろ
離乳食をと思い、まずはヨーグルトを食べさせました。

喜んで食べていた乳児、ところが食べ終えたら軽いせき、
むせたのかと思いました。乳児に母乳を飲ませようとしたら・・・
まぶた、口の周りが赤くなり、徐々に顔全体が赤く腫れたようになって、
せきも止まりません。

乳児はだんだん苦しくなってきたみたい・・・
お母さんは育児書で読んだときの症状と似ているので、
これは「食物アレルギーかもしれない」と驚き、
急いでかかりつけ医に電話してから、行くことに・・・

生後完全母乳栄養だった乳児が離乳食を始めた際に即時型の食物アレルギーを
発症することがあるといいます。

もっとも多いのは、鶏卵で、2番目が牛乳です。
まずは、症状を抑えて、血液検査をしてもらうことが大事です!

乳児や学童のアレルギー情報サイト

社団法人日本アレルギー協会
日本小児アレルギー協会
食物アレルギー研究会
公益財団法人日本アレルギー協会
消費者庁(アレルギー表示に関するパンフレット)

食物アレルギーの正しい情報は信頼の出来る情報源から得るようにして下さい!
これらの名称で検索をすることで新しい情報が得られます!!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。