食物アレルギーはアレルギー疾患のひとつです – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

アレルギー性鼻炎

ぜんそく、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、すべてアレルギー疾患です。
食物アレルギーもそのひとつです。

アレルギー反応が起きている部位によって症状は違ってきます。
アレルギー疾患はどれかひとつだけ発症することは少なく、
複数を合併したり、アレルギーマーチのように症状が変わったりします。

根本にアレルギー体質があるためです。

[check]アトピー性皮膚炎
かゆものある湿疹が顔や関節に現れ、全身に広がります。
よくなったり悪くなったりしながら、長く続きます。

体質に食物やダニ、ペットのフケなどの悪化要因を整え、
スキンケアや塗り薬で対処します。

増悪因子は、気候、発汗、精神的ストレス、体調、疲労、紫外線。

[check]アレルギー性結膜炎
ハウスダストやダニ、花粉などが目に入ることで起きるアレルギー反応によって、
目のかゆみや異物感、充血、目やにといった症状が出ます。

かゆくて目をこすると、かえって症状がひどくなります。
原因の除去と回避が必要で、点眼薬による治療を行います。

増悪因子は、プール水の残留塩素、花粉、ほこり、目の周囲をこすること、
たたくこと。

[check]ぜんそく
気道が慢性的な炎症を起こし、せきや呼吸困難を引き起こす病気です。
炎症の主要因は、ダニなどに対するアレルギー反応や鼻かぜ(ウイルス)。

敏感になった気道に刺激(増悪因子)が加わると重大な発作が起こります。
小児、成人ともに患者数が増えています。

増悪因子は、季節の変わり目、気温の変化、激しいスポーツ、匂いや煙、
ストレス、疲れ、鼻かぜ。

[check]アレルギー性鼻炎
原因となるダニ、スギ花粉が鼻から入ることでアレルギー反応が起こり、
くしゃみ、鼻水、鼻づまり、めのかゆみを発作的に繰り返します。

花粉が原因の場合には、季節性、ダニやハウスダストが原因の場合は、
1年中症状が現れます。

治療方法としては、原因の除去と回避が基本で、
薬物療法やアレルゲン免疫療法も有効です。

アレルギー体質

すべてのアレルギー疾患の根本にあるのは、アレルギー反応を起こしやすい
体質、アトピー体質とも呼ばれます。

親やきょうだいがアレルギー疾患の場合、本人もアレルギー疾患になりやすいといえます。
ただし遺伝(体質)だけが影響するわけではありません。
アレルギー疾患には、生活環境や習慣も大きく関係しています。

親やきょうだいは体質が似ているうえに、生活環境や生活習慣の多くを
共有しているからでしょう。

また、ダニ、スギ花粉、食物などだけでなく、生活リズムの乱れやストレスも
アレルギーの発症や悪化の原因となります。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。