アレルギーはいろいろな形で現れます – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

アトピー性皮膚炎

ぜんそく、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎。
そのなかのひとつが食物アレルギーです。

どのアレルギーの病気にも共通するのは、アレルギー反応を起こしやすい
体質と生活環境です。
これらの病気は増え続けていますが、この間環境は大きく変化し、ダニやスギ花粉など
アレルギーを引き起こす原因を増やしているからだといいます。

食生活も大きく変わり、精神的ストレスを切り離すことが出来ない現代社会です。
これらの要因が絡み合って、アレルギー疾患の増加につながっています。

からだを守る仕組み

アレルギー反応は、異物を撃退しようとする免疫反応のひとつです。
花粉や食物はからだにとって有害ではないのですが、過敏に反応し抗体を作り攻撃します。

ヒトのからだには、細菌やウイルスを殺す仕組み(免疫)が備わっています。
異物が侵入(細菌やウイルス)すると、見張り役の白血球(抗原提示細胞)が
察知し、仲間に知らせます。

武器を作るように知らせを受けた白血球T1細胞が白血球のB細胞に指示を出すのです。
B細胞が武器となる抗体を作り、抗体が細菌やウイルスにくっついて撃退します。

このようにさまざまな種類の白血球が連携をしてからだを守っているのが
免疫の仕組みになります。
この免疫反応が有害でないものに対して作用するのがアレルギー反応です。

食物の成分などのアレルゲンが体内に入ると、見張り役の白血球(抗原提示細胞)が
察知し、仲間に知らせます。

知らせを受けた白血球のT2細胞が白血球のB細胞に武器を作るように指示します。
アレルギー体質の人はT2細胞の割合が高く、IgE抗体を作りやすい。
B細胞が武器(IgE抗体)を作ります。

血液検査は、IgE抗体の量を見ます。
患者さんの抗体の量は増え、アレルギー性鼻炎やぜんそくではスギ花粉やダニ、
食物アレルギーでは、鶏卵など食物成分のIgE抗体が増えます。

IgE抗体はマスト細胞にくっつき、そこにアレルゲンがくっつくと、
マスト細胞から化学物質が放出されます。

ヒスタミン、ロイコトリエンなどの化学物質です。
これらはかゆみや炎症などを誘発します。
末梢血管を拡張させアナフィラキシー症状の血圧低下を引き起こすことにもつながります。

これがアレルギーの仕組みです。
ただしこれは即時型の仕組みで、非即時型のアレルギーが起こる仕組みについては
よく分からず、IgE抗体が関与していないアレルギーもあります。

からだが食物を敵と見なし闘ってしまうアレルギー!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。