アレルゲン 食物以外の危険なものとは – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

疾患の治療に取り扱う薬の中では、鶏卵や牛乳といったタンパク質成分が扱われているものがあるから

アレルゲンは食物に含まれるタンパク質ですが、食物以外でも注意が必要になります。
病気の治療に使う薬の中には、鶏卵や牛乳などのタンパク質成分が
含まれているものがあるからです。

食物アレルギーの患者さんや家族の思ってもいなかった落とし穴が、病気にかかった
ときに使っている薬です。

アレルゲンである鶏卵や牛乳のタンパク質が含まれている薬はかなりあります。
このため、食物アレルギーの人は他の病気で受診した際は、医師に申し出て
薬や注射をしてもらうことです。

ドラックストアー(薬局)などの市販薬も成分を確認してパッケージや説明書にある
成分をよく見る、分からないときにはしっかり聞いてから購入するくらいの
注意が大切になります。

体調が悪いときに飲むのがお薬です!
ところが、薬を飲むことで逆に症状が悪化させることもあり得ます。

体調が悪いときのことは、普段から専門医師と相談をしておいて下さい。

食品以外でアレルギーを起こすもの

食物アレルギーで微量の成分にも反応する場合、他の病気で受診する際に、
食物アレルギーがあることを伝えてください。

風邪や鼻炎の薬に鶏卵の成分を使用することがあります。
整腸剤や下痢には牛乳の成分を含むものがあります。

[check]予防接種 ウイルスの培養に鶏卵を使用
[check]口腔ケア製品、ガム リカルデントは牛乳の成分
[check]歯科の治療 虫歯予防の塗り薬に牛乳の成分が含むものがある

注意する処方薬

[check]鶏卵アレルギー
・塩化リゾチーム 消炎酵素

[check]牛乳アレルギー
・タンニン酸アルブミン 吐き気止め、整腸剤
・カゼイン 制酸剤、緩下剤、高血圧・狭心症治療薬、経腸・経口栄養剤
・乳糖 吸入ステロイド喘息治療薬、ドライパウダー吸入薬

[check]ゼラチンアレルギー
・精製ゼラチン 抱水クロラール坐剤、繊維素溶解酵素財

注意が必要な市販薬の成分

[check]鶏卵(塩化リゾチーム)
風邪薬、咳止め薬、鼻炎用内服薬、口腔咽頭薬(トローチ)、痔薬、
歯痛・歯槽膿漏薬、点眼薬など

[check]牛乳(タンニン酸アルブミン、乳酸菌製剤)
吐き気止め、整腸薬

[check]予防注射、ワクチン
鶏卵アレルギー インフルエンザ用
残存している鶏卵成分は極微量なので、投与できることが多い。

牛乳アレルギー
はしか、風疹混合ワクチン、日本脳炎、水痘用など
乳糖が含まれているが、重篤な牛乳アレルギーでなければ多くは投与可能。

[check]リカルデント 
牛乳アレルギー
歯科治療で口腔ケア用に塗布するリカルデントペーストと市販されている
リカルデントガムは避ける。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。