食物アレルギーの時代に日本は入っています – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

衛生状況も整い、バイキンや寄生虫そのものがあまりなくなってきています

今や日本では感染症で死亡する子供はほとんどいません。
衛生環境も整い、細菌や寄生虫自体が少なくなっています。

ヒトのからだにはウイルスや細菌、寄生虫などの異物を排除する
免疫機能が備わっていることはご存知でしょう!

闘う外敵が少なくなっている現在、免疫機能はタンパク質を「敵」と見なし、
結果、アレルギーが増加しているという指摘が挙がっています。
実際に、幼いときに細菌やウイルスに感染する機会が多かった人は、
アレルギー反応を起こす2型ヘルパーT(T2)細胞が作られにくいことも判明しています。

近年、排気ガス、スギ花粉のために花粉症が、増加し、今や食物アレルギーが
増える段階に入っているのでしょうか?

多くの国でアレルギーの増加が大問題となっています。
その増え方には、興味深い現象があるのです。
どこの国も最初はぜんそく、次にアトピー性皮膚炎、花粉症、そして食物アレルギー
という順番で増えていきます。

ぜんそくは親がアレルギーだというケースは少ないのですが、食物アレルギーでは
両親の多くにアレルギー疾患があります。

第二世帯になると、食物アレルギーの段階に入るといい、
日本は食物アレルギーは増える時代に突入しているのでしょうか?
そこで血液検査が必要になりますが、

実際には血液検査で「食べられない」と言われた食物であっても、
実は食べることが出来ることが多くあるのです。

そこで、本当に何が食べられ、何を食べてはいけないのかを、
専門の検査を受けたうえでないと分からないことがあります。

血液検査だけで判断をしたり、専門の検査や指導を受けることなくただ、
「心配だから」「用心のため」と食べられる食物と安易に避けていること
行っていないでしょうか?

ご心配は十分に分かるのですが、いろいろな情報に惑わされ、
大切な子供の発育を妨げることだけなしないように食物アレルギーの
専門医師の在籍している医療機関を検索して探すか、
一番のおすすめは、かかり医から専門病院への紹介状を書いてもらうことです。

時間とお金の節約にもつながることは以前にもお知らせしました。
陽性になっても、専門家の指導を受ける事で明るい道は開けるでしょう!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。