食物アレルギーに関る科を受診する – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

日本アレルギー学会の認定専門医

食物アレルギーはさまざまな症状が現れるため、どこを受診するのがよいのか
迷っていませんか?

小児科でいいのか、皮膚科がいいのか。
可能であれば子供のアレルギーに詳しい専門医を受診できれば安心です。

診療科の見方には、クリニックの看板に医師は自由に診療科を記載でき、
本当の得意分野を見分けるには、最初に掲げている診療科に注目してください!
「内科 小児科」なら「内科医が小児科も診る」ということです。

このようにクリニックの看板を普段から注意して見るにも、
受診選びのコツです!

子供が食物アレルギーになったときの受診選びは、アレルギー専門医が在籍している
ことが重要ポイントです。
食物アレルギーについては、豊富な知識も秘めている専門医でしたら、
症状の処置を施したうえで、生活面の指導など思いもつかないアドバイスをします。

多くのアレルギー症状に対応できる小児科をベースにしたアレルギー専門医がベスト!
中心となる症状の診療科からアレルギー専門医を探すこともいい方法で、
医療機関側も「専門医」であることを宣伝できるようになったからです。

「小児科 アレルギー学会認定専門医」の看板が安心の目安でしょう。
今では、専門医の資格を取得していなくても、研修会、セミナーなどで知識を
得て多くのアレルギーの患者さんに適切な対応する医師がいるのも事実です。

専門医の基準、「経験」は豊富で受診先に悩んだら症例数を見ると良いです。
日本小児学会の教育研修施設の食物経口負荷試験実施状況(症例数)が
食物アレルギー研究会のホームページに掲載されています。

こうしたことも参考にするとよいです。
http://www.foodallergy.jp/

日本アレルギー学会の認定とは、アレルギーに強い関心と専門知識を兼ね備え、
治療経験と実績を持っているのが、アレルギー専門医なのです。

日本アレルギー学会の厳しい審査・試験に合格した医師だけが認定されます。
それぞれ専門の分野があるので、日本アレルギー学会のホームページから
閲覧でき、アレルギー専門医の中から、専門医を研修指導する専門家が
「指導医」です。

研究の業績を挙げ、治療経験を豊富に積むことで、日本アレルギー学会から
認定されています。

こうした指導医に診療してもらえるのが一番です!

[check]小児科
赤ちゃんから思春期まで、子供の病気全般を診ます。
アレルギー疾患は年齢とともに変化していくことがあります。

各時期の症状に幅広く対応できることは重要な要素です。

[check]皮膚科
食物アレルギーの症状として多いかゆみ、じんましんなどの皮膚症状を診ます。
なかでもよくなったり、悪くなったりして長引く、アトピー性皮膚炎のスキンケアや
薬物治療には詳しいのが皮膚科です。

[check]アレルギー科
アレルギー全般を広く診ることの出来る診療科ですが、専門的なアレルギー科は少なく、
注意することはクリニックの診療科目は自由に記載できることです。

アレルギー科だけの看板は専門が分かりませんから要注意!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。