アレルギー血液検査を最初に行います – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

アレルゲンの特定は極めて必要不可欠で、体質やアレルゲンのアタリをつけるからこそ血液検査を行う

アレルゲンの特定はとても重要で、体質やアレルゲンのアタリをつけるために
血液検査を行うのです。

しかし、血液検査で「陽性」の食物がすべて食べられない訳ではないということ。
アレルゲンを避けるようにすることで、アレルギー症状は起こりにくくなるので、
血液検査でアレルゲンを特定していきましょう!

血液検査では、IgE抗体をみます。
結果と症状はかならずしも一致はしないのですが、安全で簡便にできます。

最初のスクリーニング検査としてよく行われます。
皮膚テスト(プリックテスト)も簡便な検査で、結果と症状が一致しないことも!

血液検査

血液中に含まれるIgE抗体の量、反応が起きたときのヒスタミンの量を調べますが、
IgE抗体量と症状がかならずしも一致しません。

[check]ヒスタミン遊離試験(好塩基球ヒスタミン遊離試験)
血液にアレルゲンを加えたときに放出されるヒスタミンの量を調べる検査です。
検査できる食物は限られますが、特定のIgE抗体によってアレルギー症状を
引き起こすヒスタミンが体内で放出されるはどうかが分かります。

アナフィラキシーのなりやすさを調べられません。

[check]IgE抗体検査(血中抗原特異的IgE抗体検査)
個別食物ごとのIgE抗体量を調べることが出来ます。
抗体の量と症状の有無や強さが一致するとは限らないので、検査結果だけで
判断することは出来ないことを知っておいて下さい。

新生児・乳児消化管アレルギーは非IgE抗体性ですから、IgE抗体検査は
参考になりません。

IgE抗体が測定できる食物

卵白、牛乳、穀類(小麦、そば、米など)、ピーナッツ(ヘーゼルナッツなど)、大豆、
果物(オレンジ、もも、キウイ、バナナなど)、甲殻類(えび、かになど)、
魚類(さば、アジ、いくらなど)、肉類(鶏肉、豚肉など)、
野菜類(やまいも、トマト、にんにくなど)。

皮膚テスト

皮膚や粘膜の下にはマスト細胞があります。
アレルゲンとして疑われる物質をマスト細胞を反応させ、赤く腫れる程度によって、
陽性の判定をします。

[check]パッチテスト
接触皮膚炎の検査によく用いられ、アレルゲンとして疑われるものを皮膚に直接付けて
シールで密封し、48時間後の反応を見ます。

IgE抗体が関与する即時型食物アレルギーの原因は探せません。

[check]プリックテスト
アレルゲンのエキスを皮膚に1滴のせて、専用の針で皮膚に小さな傷を付けて沁み込ませ、
15分後に蚊に射されたような腫れが出たら陽性と判定。

即時型食物アレルギーの原因を知ることが出来ます。

[check]皮内テスト
アレルゲンエキスを皮膚の直ぐ下に直接注射して、15分後の反応を見ます。
非常に感度が高い検査ですが、アナフィラキシーショックを起こす危険性が高いので、
食物アレルギーの診断のためには用いられません。

食物除去試験

乳児アトピー性皮膚炎の原因として食物アレルギーが疑われるときに行う検査で、
疑われる食物を食べるのを1~2週間完全に止めて、症状が改善するかを見ます。

母乳を与えている場合には、母親の食事から食物を除去して様子を見ます。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。