アレルギー検査 オープン法とブラインド法 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

間違いのないアレルギー検査の中には「食物経口負荷試験」があげられます

正確なアレルギー診断には「食物経口負荷試験」があります。
アレルギー検査として行う血液検査や皮膚テストだと、結果と症状が位置しないことが、
食べてはいけない(危ない)食物を正しく知るためには、食物経口負荷試験が必要!

アレルゲンとなる食物は食べない(除去する)のが食事管理の基本になります。
しかし、何でもかんでもといった無意味な除去は避けることです。

本当に除去が必要な食物を特定するには、食物経口負荷試験をおこない正確な
アレルギー診断をつけることではありませんか。
アレルギーの原因として、疑われる食物を実際に食べてもらうため、
アナフィラキシーなど重い症状が起こる可能性もある検査です。

緊急事態に備えて必ず専門の施設で受けて下さい。
そして、結果が陰性なら、次に日常的に食べて問題ないか確認し、
除去を解除していくのです。

陽性であっても軽い症状でしたら、繰り返し食べていると症状が出なくなることもあります。

アレルギー検査2つの方法

アレルギーの原因と考えられる食物を実際に医師の前で食べてみて、症状が現れるか(陽性)
何も現れないか(陰性)をみる検査で、大きく2つの方法に分けられます。

検査の目的とは
1.食物アレルギーの確認診断
2.耐性を獲得しているか判断
3.症状を誘発するリスクを正しく判断

[check]オープン法
何を食べるか、患者さん本人も調べる医師の側も分かったうえで行う方法です。
ある程度の年齢になると、本人の主観が影響して、
自覚症状(口の中の違和感、かゆみ、腹痛など)を訴えることもありますが、
3歳くらいまでなら問題なく出来ます。

乳幼児の食物経口負荷試験の主流!
自宅から持参するなど、食べ物が分かっている。

[check]ブラインド法
何を食べたかが本人だけが分からなくなる、シングルブラインド負荷試験
(単盲検法たんもうけんほう)と、医師も分からない状態で行う、
ダブルブラインドプラセボコントロール負荷試験(二重盲検法)があります。

学童や成人、オープン法で主観的な症状を訴えるようなケースに行います。
病院で調理したペースト状の食べ物などで検査!

検査の進め方

これまでの経過や血液検査の結果を検討し、準備を整えて行います。
リスクが高い場合は入院で、低いと考えられる場合は外来で行い、
医師や看護師など複数人で張り付いて、慎重に進められます。

当然、親(保護者)にも付き添っていただくようになります!

原因と考えられる食物を15~30分置きに少量ずつ食べる →
心拍数や体温に注意しながら食べた後の反応を見ます →
どのような反応が出るか → 軽症、中等症、重症の程度を見ます

軽症なら自然にすみやかに治まりますが、中等症、重症なら対応が必要です。
過去1年以内にアナフィラキシーを起こした食物は、基本的に食物経口負荷試験を
行わず、試験を受けるお子さんが健康なときに行われます!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。