時間を掛けて食べられるようにトライする定期検査を受けるべきです – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

食物経口負荷試験は食べることができるかどうかをチェックすること

食物経口負荷試験で食べられるかどうかを見ることです。
乳児のときにアレルギーの原因といわれた食物の除去を、
小学校になるっていうのに漫然とキープするのは相応しくないです。

食物アレルギーの食事管理は、必要最小限の除去が原則です。
最低1年に1度は専門医を受診し、検査を受ける必要があります。

検査は血液検査だけではありません。
食物経口負荷試験も考慮しましょう。
そもそも食物経口負荷試験は食物を除去するためだけの試験ではありません。

出来るだけ食べさせるために行うことを念頭に置いて、
進めていくために行うのです。

検査期間の目安

[check]3歳まで
血液検査:6ヶ月毎  食物経口負荷試験:6ヵ月~1年毎

[check]3~5歳
血液検査:6ヵ月~1年毎  食物経口負荷試験:1~2年毎

[check]6歳以上
血液検査:1年毎またはそれ以上  食物経口負荷試験:2~3年毎またはそれ以上

実際、年齢が低いときに発症した食物アレルギーは自然に治っています。
乳幼児期に発症した子供の約9割は小学校に入学するまでに原因となった
食物を食べられるようになるというデータ報告も出ているのです。

乳幼児期に「アレルゲンだから除去」といわれたものでも、
すでに食べられるようになっているものをずっと除去している可能性も高いのです。

3歳未満ならば、半年に1度は血液検査をし、1年毎に食物経口負荷試験を受けて、
食べられるものの数を増やしてあげましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。