食物アレルギー 食事管理の進め方 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

口にできるという風に変化すること(耐性の確保)

原因となる食物が特定できたら、専門医とかかりつけ医とが連携して、
治療の最終目的「その食物を食べられるようになること」を目指します。

かかりつけ医は、血液検査や症状に応じた薬を処方し、食物経口負荷試験の
必要性を考えると専門医を紹介してくれます。

専門医は結果をかかりつけ医に伝えることで、お子さんの情報を共有し、
症状が現れたときに迅速に対応できるようにします。

食物アレルギーの食事管理の目標は治すこと、
「食べられるようになること(耐性の確保)」です。

本当に食べてはいけない食品は除去する必要がありますが、
それも最小限におさえることです。
症状に対応しながら、食べられる物を増やしていくことが大切です。

人間には「口から食べ、腸管で吸収するものにはアレルギー反応が起こりにくい仕組み」が
そもそも備わっているのです。

成長とともに食べられるようになることも期待できます。
アレルギー専門医とかかりつけ医との綿密な連携のもとで進められていきます。

[check]即時型
かかりつけ医は、初診、血液検査、緊急時の指導、様子を見る、緊急時への対応、
専門医への紹介

[check]食物アレルギーの関与する乳児アトピー性皮膚炎
かかりつけ医は、初診、スキンケア指導、血液検査、症状に応じて薬物療法、
様子を見る、専門医への紹介

[check]即時型、食物アレルギーの関与する乳児アトピー性皮膚炎のかかりつけ医より
・専門医はそれぞれのお子さんの症状による対応
食物経口負荷試験、原因食物の確保、耐性の確認、食事除去の経過を見る、
食事・栄養指導、スキンケア指導

これらの診断書を書いて、かかりつけ医に情報を提供します。
かかりつけ医は、専門医の診断書から、
・症状出現時の対応
・ぜんそく、アトピー性皮膚炎などの薬物の処方
・一般疾患への対応
・予防接種、育児相談

アレルゲンとなっている食物を食べないようにすることが食事管理の基本です。
医師は、症状が出現したときの薬を処方し、対応方法を親(保護者)に伝える。

アレルギー症状への対応は、スキンケア、薬物療法、アナフィラキシー対応など

[check]食物管理の基本(食物除去人により程度は異なる)
・ある程度は許容できる
調味料など、アレルギー症状が出ない範囲で摂取可能。
ただし、体調や運動で症状が出ることもある。

[check]微量でも症状が出る
調味料など、アレルゲンとなる成分が含まれる物はすべて除去する。

[check]経口免疫療法
原因となる食物を定期的に少しずつ食べていくことで、アレルゲンに対して、
体が反応しにくくなることを目指します。

重い症状が起こることもあります。緊急体勢の整った、経験のある医師がいる
専門施設で行いましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。