晩夏から初秋の健康注意点 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 健康生活のキーポイント

晩夏より初秋の体調を気をつける点

冷やさない食材

9月にはいると、炎帝の猛威が日々減少し、朝夕の涼しさにホッと一息です。
しかし日中は残暑が厳しく、熱中症などにも注意が必要です。

晩夏から初秋ころまでの「バランスの良い食事・適度な運動」について、
「季節の変わり目」の注意点を概観しました。
まず食品では、「体を冷やさない食材」を少しずつ増やしましょう。

スイカやきゅうり、トマトなどに代表される夏野菜は体を冷やす効果があり、
高温多湿の夏期に適した食材です。

夏だけでなく、季節ごとに収穫できる食材、その季節の健康に最も適しています。
加えて「旬の食材は安価」というおまけがあります。
自然の摂理のなんと素晴らしいことでしょう。

現在、トマトやきゅうりはいつでも転倒に出回り、季節野菜の特徴が失われつつありますが、
「夏野菜は体を冷やし、秋冬野菜は体を温める」という野菜本来の性質は変わりません。

ただし、夏野菜でもボイルした「温野菜」は体を冷やしません。
秋冬の「トマト鍋」などは、酸味が利き栄養バランスもバツグンです。
ちなみに、野菜・果物のうち、寒い地域で収穫された物は体を温め、
南国で収穫された物は冷やす性質を持っています。

一方、体を冷やすのは食材だけではなく、冷たい飲料水や冷房があります。
熱中症予防の除湿も体を冷やしています。

こうした長時間の夏期の生活は、体だけだなく内臓も冷やしてしまいます。
冷え性の遠因になるだけでなく自己回復力・免疫力まで弱まるので注意が必要!
ただし、9月はまだ熱中症の危険性もあります。

冷房・除湿を臨機応変に活用

特に、家族に高齢者を持つ人は深い配慮が必要です。
食生活のもう一つの注意点は「塩分」。

一般に、夏期は血圧が下がります。
そのため、熱中症予防もあり塩分の摂取が薦められていますが、
9月に入ったらそろそろ「減塩」の食事に切り替えましょう。

よい汗のために

かつては、「日焼けは風邪予防」とまで言われていましたが、
「紫外線の悪影響や皮膚がんの遠因」が喧伝され、昨今では積極的に太陽に素肌をさらさない!

9月は太陽に素肌をさらすよいチャンスです。
日陰を選び、30分ほどの「日向ぼっこ」をします。
じっとりとした汗ではなく流れるような汗を思い切りかくことができれば最高!

夏場、散歩を止めたり、運動不足になりがちな人におすすめの「日向ぼっこ」です。
冷房生活で失われつつある発汗を促すことで、体内外の新陳代謝が活性化します。

高齢者は「日向ぼっこ」の時間を短くして下さい。

よい睡眠のために

熱帯夜という気象情報用語がありますが、いかにも「寝苦しい」感じがする言葉です。
年々、暑さが激しく感じられるのは加齢だけではなく、異常気象の影響もありそうです。

俳句の季語に「夜の秋」という言葉がありますが、昼間の炎帝の猛威から解放された夜間の、
そこはかとなき「涼」を表す季語になります。
しかし現在では、各家一斉にONされるクーラーなどで、寝苦しい夏季となり、
睡眠が充分でない人も少ないようです。

消耗した基礎体力の回復には「よい睡眠」が大切です。
ぬる目の入浴、アロマなど睡眠を誘う香料など、さまざまな工夫で良い睡眠を得ましょう。

ストレスを溜め込むのは「睡眠の大敵」。「味覚の秋」はもうそこまで来ています!

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。