アレルギー疾患の管理 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

常日頃よりきちんとアレルギーをコントロールし、症状がない状態になる

ぜんそくやアトピー性鼻炎など、他のアレルギー疾患のあるお子さんがアナフィラキシー
を起こすと重症化しがちに。

日ごろから十分にコントロールし、症状がない状態を保つ!
アレルギー症状を出さない生活を心がける。
食物アレルギーの重症化を防ぐには、日ごろからぜんそくやアトピー性鼻炎など、

他のアレルギー症状が出にくいようにコントロールしておくことが必要になります。
実際にアナフィラキシーを起こした人の8割程度にぜんそくがあるとの報告がある
といい、ぜんそくのコントロールが不十分な状態でアナフィラキシーが起こると
重症化し、生命に関る事態を引き起こすことになりかねません。

鼻炎だけという場合も、鼻づまりが続くと気道の状態が悪化しがちですので、
無症状にしておくことが必要です。

重症化の要因にアナフィラキシー!
重症化させる大きな要因となるのが、ぜんそくの合併です。
長引くせきを放置しておかない事です。

鼻炎による鼻づまりも呼吸器症状を悪化させる原因になります。
ぜんそくとアトピー性鼻炎の管理が必要ということです。

[check]ぜんそく
コントロール不良で、日ごろから症状が出やすい場合、
食物アレルギーによる呼吸器症状が悪化しやすい。

[check]アトピー性鼻炎
鼻詰まりが続くと、気道が荒れやすく、呼吸器症状を招きやすくなる。

[check]食物アレルギー
他のアレルギー症状がある状態ですと、重症化しやすくなる。

これらの症状が合併することで、アナフィラキシーが起こりやすく、
重症化しやすくなります。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。