鶏卵 アレルゲンのもとは卵白 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

卵は、小児においての食物アレルギーの出現率が際立って大きな原因食物なのです

卵は、小児での食物アレルギーの頻度がもっとも高い原因食物です。
熱で固まりやすい、泡立つ、乳化しやすいなどの調理特性を持つため、
広く用いられています。

加熱するとアレルギーを起こす力は弱まるため、加熱した鶏卵は食べられる場合も
少なくありませんが、この場合も半熟卵には注意が必要です。

また、卵白に含まれるオボムコイドというタンパク質が原因の場合、アレルギーを起こす
力も強く、加熱しても力は弱まりません。

完全除去の場合、菓子や練り製品などの食品に含まれていることが多いので、
十分に注意することです!
卵の替わりに肉や魚などを食べることで、栄養面の問題は起こりにくいと言えます。

乳幼児では耐性を獲得しやすい食物のひとつです。

加熱すれば性質が変わる特徴

卵白にもっとも多く含まれるオボアルブミンは、加熱することでアレルギーを
起こしにくくなる!

肉、魚、大豆(豆腐、納豆など)、牛乳などを摂取すれば栄養面の偏りはカバーできます。
調理や食品加工に使うことが多いので、代わりの方法を工夫しましょう。

揚げ物の衣には水+小麦粉や片栗粉、プリンなどゼラチンで固め、
ケーキはベーキングパウダーを使用するなどして調理の工夫をしましょう。

アレルギーの原因となる成分(主要抗原)

[check]オボムコイド
[check]オボアルブミン
[check]オボトランスフェリン
[check]リゾチームC(風邪薬に多く含まれているものもあります)
[check]アルブミン

完全除去の場合

鶏卵を完全に除去しなくてはならない場合の注意!
鶏肉、魚卵は食べられることが多いので医師に相談することです。

卵殻カルシウムは、菓子類に使用されますが、通常はアレルギー症状を
起こさないといいます。

加工の段階で使用されていたり、含まれている食品はダメ!

菓子パン、かまぼこ、揚げ物、マヨネーズ、ハム、ソーセージ、クッキー、
アイスクリーム、ババロア、ケーキ、プリン

卵アレルギー経口負荷試験の流れ

[check]卵黄1個相当(加熱)
固ゆで卵の黄身のみ。重症症者以外はほとんどの患者さんは食べられます。

[check]周りに少し白身の付いた卵黄1個相当(加熱)
生卵を割って黄身と白身に取り分け、周りにも少し白身の付いた状態の黄身1個を
ハンバーグやホットケーキなど、加熱調理に用いる。

卵アレルギーが疑われる患者さんの80%は摂取可能。
料理の幅が広がることで生活の質が向上します。

[check]加熱卵半分相場
ゆで卵を半分。黄身も白身もハンバーグやホットケーキなどに入れて調理します。
除去の解除のときには、少しずつ段階を上げてテストを設定して反応を見るように
注意します。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。