牛乳 アレルギー注意ポイント – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

覚えておいてほしいのは牛乳というもの幼児期に原因食物なんです

牛乳のアレルゲン物質は、加熱や発酵をしてもアレルギーを起こす力は
あまり弱まりません。

カゼインなどの成分はいろいろ加工食品に含まれています。
菓子類や加工食品を購入するときには、原材料表示に十分注意する必要があります。
薬に含まれていることもあります。

牛乳を除去すると問題になるのがカルシウム不足です。
アレルギーでない子供と比べて半分程度の摂取量となるため、他の食品から
カルシウムを積極的に摂る必要があります。

牛乳は幼児期に原因食物です。
成長とともに耐性を獲得しやすい物のひとつですが、IgE抗体値が下がらない人や
ぜんそくを合併している人は小学生まで持ち越しやすくなります。

加熱で変化しない特徴

カゼインは100℃の加熱でも性質が変わりません。
栄養の偏りが起こりやすく、カルシウム不足、アレルギー用ミルクの一部では、
ビオチン不足が起こることがあります。

カルシウムの補給に、豆腐やひじき!
いろいろな加工食品に含まれていますが、見た目に分かりにくいので
原材料の表示を確認することです。

アレルゲンの原因となる成分(主要抗原)

[check]カゼイン
[check]乳清たんぱく質(β-ラクトグロブリンなど)
  β-ラクトグロブリンは羊やヤギのミルクにも含まれ牛乳の変わりにはなりません。
[check]乳の文字がない表示もあります
  バター、バターオイル、チーズ、アイスクリーム類、バターミルクパウダー、
  生クリーム、ヨーグルト、ミルク、ラクトアイス、アイスミルクなどは乳製品です。

完全除去の場合

牛乳を完全除去しなくてはならない場合の注意!
[check]食べることが出来ます
  牛肉(加熱不十分で血が残っていると反応することもあります)
[check]乳酸カルシウム、乳酸ナトリウム、乳化剤、カカオバター
  牛乳と関係がなく、乳成分を含みません
[check]乳酸菌
  食べられますが、「乳酸菌飲料」の表示は乳成分が含まれていることを示します
[check]乳糖
  牛乳から精製するので微量の乳糖たんぱくが残存する可能性
  主治医に確認しましょう

食べられません
加工の段階で牛乳が使用されたいたり、含まれていたりします。
生クリーム、チーズ、バター、シチューやカレーのルウ、コンソメ、ヨーグルト
チョコレート、クッキー、ケーキ、アイスクリーム、パン、パン粉、乳酸菌飲料

これで代替え

[check]アレルギー用ミルク
  牛乳のたんぱく質を分解してアレルギーが起こりにくくしたり、
  アミノ酸を加えたりしたもの。
  粉ミルクの代替えだけでなく、カルシウム源としても利用でき、調理にも使えます。

[check]ミルフィーHP(明治乳業)
[check]MA-mi(森永乳業)
[check]ペプディエット(ビーンスターク・スノー)
[check]ニューMA-1(森永乳業)
[check]エレメンタルフォーミュラ(明治乳業)

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。