いも類は仮性アレルゲンとの見極めが大事 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

じゃがいも(ナス科)

やまいもで「アレルギー症状」を起こす人もいます。
仮性アレルゲン(食物アレルギーに似た症状)の可能性もあります。
除去が必要かどうかしっかり診断する必要があります。

じゃがいも(ナス科)は、成人のぜんそくや接触皮膚炎、小児の湿疹や即時型症状の
原因となりますが、頻度は低いのです。

これに注意しましょう

[check]和菓子
やまいもを使用しているまんじゅうなどがあります。
やまいもは「表示をすすめるもの」に指定されています。

[check]つなぎ
お好み焼き粉、そばのつなぎにも使われているお好み焼き粉は保管に注意しましょう!
お好み焼き粉などでアナフィラキシーを起こすケースがあります。

含まれているやまいものせいだと思われがちですが、ダニの発生が原因なのです。
ダニは人間の目に見えないすき間からでも入り込むことが出来ます。
食品の開封後は1回で使い切るか、きちんと密閉して冷蔵庫で保存し、早めに使うこと。

ごまは血液検査で陽性でもごま油なら摂れる人も多いのです

ごまは血液検査で陽性になることが多いのですが、食物経口負荷試験で
反応する人は少なくごま油なら摂れる人が多くいます。

加工食品に多用されるため、表示がすすめられています。
特にすりごまはアレルギー症状が出やすいのです。

アレルギーの原因となる成分(主要抗原)

[check]Sees i 1,2
アレルギーを起こすたんぱく質の8割はピーナッツと同じ成分です。

注意するポイント

[check]化粧品
製造過程で、ごまを使用しているものもあります。

[check]
殺虫剤の製造加課程でごまをしようするものもあります。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。