そばアレルギーは微量でも重症になります – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

大部分がそば粉で即時型アレルギー症状において発症いたします

多くが即時型アレルギー症状で発症します。
アナフィラキシーを引き起こし、重篤化することも知られています。

乳児期発症の卵、牛乳、小麦などと比べると耐性を獲得しにくく、生涯にわたって
除去が必要となる人もいるのです。
そばのアレルギーは数種類ありますが、いずれも耐熱性であるため、
加熱をしてもアレルギーを起こす力は弱まることはないのです。

そばを茹でた鍋で茹でたうどんを食べたり、茹でる蒸気で気道に入るだけでも
反応が起こる人がいるほどです。

調理時の粉が衣服に付き、吸い込んだ子供が発症した例もあるので要注意!
クレープやボーロなどの菓子にそば粉を使っていることもありますが、
加工品には必ず表示される食物なので、注意してみれば比較的除去しやすいのです。

アレルギーの原因となる成分(主要抗原)

[check]BW24KD
[check]BWP16 などのそばたんぱく

これに注意

[check]菓子、茶
そばボーロ、クレープ、かりんとう、まんじゅうなど。
そば茶にも注意。

[check]こしょう
こしょうの風味づけにそば粉が使用されているものがあります。

[check]調理時の混入
そばを茹でるときの蒸気や調理器具内のゆで汁、調理時の衣服に付いた粉。

職業アレルギーというべき側面もあります。
そば店で働く人やその家族が日常的にそば粉を吸い込み、
そばアレルギーを発症することもあります。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。