果物・野菜アレルギーは2通りの発症パターンがあります – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

果物・野菜アレルギーは2通りの発症状態が見られます

主に乳幼児と幼児期以降に起こります。
クラス1は、花粉症に関係なく発症する即時型です。

幼児期に多く、キウイ、バナナ、トマトなどが原因となりがちです。
このタイプでは、キウイ、モモなどで皮膚や呼吸器症状、アナフィラキシーを
起こすこともあります。

幼児期以降に花粉症とほぼ同時に、あるいは続発して口腔アレルギー症候群として
認められているタイプはクラス2に分類されます。

シラカバやハンノキの花粉と似た成分を持つバラ科の果物や野菜で症状が出ますが、
多くは加熱や酸処理で食べられます。
また、ラテックス(ゴム)アレルギーの人は果物や野菜を食べるとアナフィラキシーを
起こすことがあるので注意して下さい。

食べることが出来ます!

緑色のキウイが食べられなくても、ゴールドキウイなら大丈夫という人もいるのです。
ジャムなど熱加工してあるもの。

これに注意しましょう!

[check]ゴム製品
果物アレルギーがあると、輪ゴム、ゴム手袋などのゴム製品に接触皮膚炎などを
起こすことも。
医療器具にゴムが使用されていると、アナフィラキシーを起こすこともあるので、
治療の際にはしっかりと申し出て下さい。

[check]特に要注意なのは
原因食物としてもっとも多いのは、キウイです。
その他、幼児ではバナナです。

[check]複数の果物に反応することも
クラス1は、果物がアレルゲン。
クラス2は「この果物だけ」ということもありますが、花粉アレルゲンと似た成分を
持つ果物に反応するため、複数の種類にのぼることもあります。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。