魚アレルギーはビタミンDの不足に要注意 – ポジティブブログ – 育毛剤,薄毛,抜け毛,育毛悩み無料相談

投稿日: カテゴリー: 子どものアレルギー

魚アレルギーというものビタミンDの欠乏に注意して下さい

魚にはビタミンDがタップリ含まれているうえEPAやDHAなどの栄養素には、
アレルギー炎症を抑制する働きがあります。

魚の主要抗原、パルブアルブミンは多くの魚に共通しています。
ひとつの魚にアレルギーがある人は複数の魚に反応する場合もあります。

しかし、小児ではある魚のみに反応し、違う魚は平気などということもあります。
しっかり検査をして、大丈夫な魚を積極的に食べるようにして下さい。

すべての魚を除去しなければいけない場合、きのこ類や卵黄でビタミンDを
補いましょう。

食後に蕁麻疹が出ても、アレルギーではなく魚が古いために起きた
ビタミン中毒かもしれません。
新鮮な魚を購入しているのに、再冷凍は止めましょう。

アレルギー原因となる成分(主要抗原)

[check]パルブアルブミン
[check]コラーゲン など

大人では、魚アレルギーではなくヒスタミン中毒やアニサキス(寄生虫)ということも
あります。確認が必要です。

これは確認しましょう

[check]魚の種類
魚はすべてがダメなのか、特定の魚だけがダメなのか

[check]だし
魚で作った粉末だし、煮干し、かつお節は反応しないことも多いです。

[check]加工品
はんぺん、ちくわ、かまぼこなどのすり身は食べられることも

[check]缶詰
ツナ缶などはアレルギーを起こす力は低下しています

[check]魚卵
イクラなど魚卵アレルギーもありますが、魚アレルギーとは別です。

ビタミンDを補う代替品

卵黄、きのこ、牛乳アレルギー用ミルク、日光浴少々

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。